unico(ウニコ)公式通販サイトスタッフの家具の選び方2008|北欧家具・インテリアの通販

スタッフの家具の選び方2008

    ADDAY(アディ)
    キッチンボード オープン W1230

    ¥138,000 (税込 ¥151,800)

      ADDAY(アディ)
      デスク

      ¥29,800 (税込 ¥32,780)

        KURT(クルト)
        スツール

        ¥9,800 (税込 ¥10,780)

          KOTONA(コトナ)
          チェア

          ¥16,800 (税込 ¥18,480)

            KURT(クルト)
            トールチェスト

            ¥62,800 (税込 ¥69,080)

              KURT(クルト)
              ドレッサー

              ¥53,800 (税込 ¥59,180)

                ADDAY(アディ)
                ラウンドダイニングテーブル 直径1100

                ¥59,800 (税込 ¥65,780)

                  WICK(ウィック)
                  AVボード W1200

                  ¥54,000 (税込 ¥59,400)

                    WICK(ウィック)
                    トールキャビネット W800

                    ¥89,800 (税込 ¥98,780)

                      unico

                      INDIA SELECT(インディアセレクト)
                      ラグ SEM-18001

                      ¥15,000~ (税込 ¥16,500~)

                      ¥7,500~ (税込 ¥8,250~) 50%OFF

                        Mercero

                        ¥13,800 (税込 ¥15,180)

                          Gradiska

                          ¥22,800 (税込 ¥25,080)

                          Staff's Room

                          • STAFF 伊東(unico流山)
                          • FLOOR PLAN 3LDK
                          • HOUSEMATE 2人暮らし

                          日々変化していくものが好き


                          自分のもの選びの基準は、変化を楽しめること。

                          ADDAYシリーズは、ADD(加える)、DAY(日、1日)という、
                          木が1日1日少しずつ風合いを増し、表情を変えていく様子から名付けられています。

                          まさしく、自分のもの選びの考え方とぴったり。
                          温かみのある木の素材感に引かれ、キッチンボードとダイニングテーブルを愛用しています。

                          ADDAYキッチンボードは使い始めて3年ほど経ちます。
                          我が家に来た当初より、木目がマイルドな色味に変化してきました。

                          引っ越しを機に買い足したのがADDAYラウンドテーブルです。
                          KOTONAチェアとの相性も良く、角がないのでお部屋の中がとてもやさしい印象になります。

                          そんな私のお家に新しく迎えたのが、今シーズンの新作WICK AVボードです。
                          深みのある色合いのチーク材で、元々持っていたKURTキャビネットや、ADDAYシリーズのアイテムとも自然と馴染んでくれます。

                          WICKの1番のポイントでもあるラタンの扉もどこか懐かしい印象で、お部屋のアクセントになってくれています。

                          「変化するインテリア」といえば、家具はもちろん、観葉植物も欠かせません。

                          私は眺めるより育てるほうが好きなので、
                          「こんなふうに大きくなってほしい」と思いながら、日々植物のお世話をしています。

                          飽き性なところもあるので、同じものであっても、
                          毎日変わっていく様子を楽しんでいけたらいいなと思います。