unico(ウニコ)公式通販サイトスタッフの家具の選び方2109|北欧家具・インテリアの通販

スタッフの家具の選び方2109

    KURT(クルト)
    バタフライテーブル

    ¥49,800 (税込 ¥54,780)

      KURT(クルト)
      カップボード

      ¥79,800 (税込 ¥87,780)

        KURT(クルト)
        TVボード

        ¥53,800 (税込 ¥59,180)

          ADDAY(アディ)
          チェア

          ¥19,000 (税込 ¥20,900)

            ADDAY(アディ)
            ベッド ハイタイプ

            ¥46,000~ (税込 ¥50,600~)

              unico

              オーダー
              アクリルラグ LOTIF (ロティフ)

              ¥31,000~ (税込 ¥34,100~)

              Staff's Room

              • STAFF 小林(本社スタッフ)
              • FLOOR PLAN 1R
              • HOUSEMATE 1人暮らし

              気まぐれな私の相棒


              飽きっぽい私が次に買うなら…と決めていたのがKURTバタフライテーブルでした。

              明るすぎず暗すぎないブラウンなので、「好きなテイストが変わっても、何にでも合わせやすそう!」と思った点と、どこか懐かしく温かみのある雰囲気が決め手でした。
              一緒に使っているADDAYのチェアとも木目や色味が近く、相性ぴったりです。


              ワンルームということもあり、天板を伸長できるバタフライテーブルを選んだのですが、これが大正解。

              普段は折りたたんでいますが、テレビを見ながらご飯を食べたいときや、在宅勤務をするときなどは天板を広げて使っています。
              仕事が終わったらパソコンを棚板にしまって、すぐにご飯の用意ができるので、片付けが苦手な私にぴったり。


              同じシリーズのAVボードとはもちろん、チェアとおそろいのADDAYベッドや床の色ともマッチしていて、統一感のあるインテリアになっています。

              1日の中で、多くの時間を一緒に過ごしているKURTのバタフライテーブル。
              きっとこれからも長くお世話になるテーブルです。