unico 船橋 ブログ

RECENT ENTRY

2021.12.24

ラグのサイズを写真で解説!

今回は、冬も大活躍!ラグに関するお話しです!


お部屋の広さやシーンによって、合うサイズって変わりますよね…
サイズも色々あって、「どのサイズがいいか分からない、、、」


そんな方に!お部屋の広さやシーンに合うサイズをご紹介します!


■【2人掛けソファに合わせる】【ベッド下などちょっとした場所に敷く用】
おすすめサイズ→100cm×140cm(4.5畳におすすめ)
unicoのレギュラーサイズラグの中で1番小さなサイズです。
とてもコンパクトなサイズで、ちょっとした場所に合わせやすいサイズです。


■【2.5人掛けソファに合わせる】【お部屋の中のスペースがあまり広くない】
おすすめサイズ→120cm×180cm(6畳におすすめ)




2.5シーターのソファに合わせるのにちょうど良いサイズです。
場所を取り過ぎず、でもゆっくりとくつろげるサイズ感ですよ!


■【3人掛けソファに合わせる】【オットマンやローテーブルをソファと一緒に置きたい】
おすすめサイズ→140cm×200cm(8畳におすすめ)




リビングアイテムとコーディネートしやすい1番人気のサイズです!
写真のように、ソファ+オットマンやローテーブルを置いても窮屈な印象がなくぴったりです。


■【大人数で使用】【テーブルを囲んで座る】
おすすめサイズ→200cm×200cm(10畳におすすめ)




テーブルを挟んで座ったり、囲むように座ってもはみ出さずゆったりとご使用いただけます。
また、ダイニングテーブル(幅160cm程)の下に敷く場合も
チェア4脚(左右2脚ずつ)が収まるサイズ感です。


■【広いスペースに】
おすすめサイズ→200cm×250cm(10畳におすすめ)


リビングなど広いスペースにぴったりの大きめなサイズです!
こちらはダイニングテーブル(幅180cm程)の下に敷く場合、
チェア6脚(左右3脚ずつ)が収まるサイズ感です。


船橋店では多数のラグをご用意しております!
ぜひ、店頭にてご覧くださいませ。
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。


※各サイズでご案内しております畳数は、一般的な団地間サイズを基準としております。



suzuki



採用ページリンク『unicoでは一緒に働く仲間を募集しています』
https://www.unico-fan.co.jp/shop/pages/recruit.aspx

2021.12.10

人気TVボード「ADDAY」と「SOLK」を比較してみました!

TVボードを選ぶ時、見た目のデザインはもちろん、機能性や使い勝手も重要ですよね。
今回は、人気の「ADDAY」「SOLK」シリーズを比較しながら選び方のポイントをご紹介します。

■デザイン
「ADDAY」は、木目や節など木の豊かな表情を生かしたカジュアルな雰囲気と
お部屋に取り入れやすいシンプルですっきりとしたデザインが特徴です。



「SOLK」は、ADDAYと比べると全体が曲線的なデザイン。
より優しくナチュラルな雰囲気を感じられます。
脚部の丸みのあるフォルムや、面取りを施した縁など細部のデザインまでこだわっています。



■脚部タイプ
〇脚あり「SOLK」TVボードのメリット
・圧迫感が少ない為、お部屋を広く見せたい方におすすめ
・ルンバ等のロボット掃除機が通れる高さになっているので、掃除が簡単
・床面にも空気の通り道があることから、カビが発生しにくい

〇脚なし「ADDAY」TVボードのメリット
・見た目に重厚感が出るため、部屋全体の雰囲気をより一層惹きたててくれます
・TVボード下に空間がない為、テレビのコードやビデオデッキの配線が気にならない
・TVボード下の隙間に物が入りこまないので、小さなお子様がいるご家庭におすすめ


■扉のタイプ
TVボードにおける 『 扉 』は、掃除のしやすさやAV機器の操作に影響があり、
使いやすいテレビボードを選ぶときに、実は意外と重要なポイントになります。
unicoのTVボードの扉は主に
"木製引き出しタイプ" "ガラス扉引き出しタイプ" "オープンタイプ" の3つに分かれます。
それぞれの特徴と選び方を、「ADDAY」「SOLK」の扉タイプと合わせてご紹介します。

①引き出しタイプ
引き出しタイプは、ADDAY、SOLKのどちらにも取り入れられているデザインです。
細々した物やAV機器などを隠して収納出来るのが特徴です。
無垢材の家具等の天然素材でお部屋をコーディネートする方には、
無機質な家電を隠せる引き出しタイプがお勧めです。

②オープンタイプ
扉なし、棚だけの収納をオープンタイプと呼びます。ADDAYに取り入れられています。



オープンタイプのメリットは、扉を開閉する手間が要らないことです。
AV機器やゲーム等頻繁に入れ替える方は、オープンタイプが使いやすいと思います。
また、AV機器とリモコンの間に遮る扉がないので、3タイプの中でリモコンが最も効きやすいです。
ダイニングからTVボードのように、距離の離れた位置からリモコン操作する方にもおすすめです。

③ガラススリットタイプ
ガラススリットタイプとは、引き出し部分が木製ではなくガラス素材のものです。
SOLKシリーズに取り入れられているのがこのタイプです。



お客様からよく「リモコン操作できますか?」と質問を頂くことが多いのですが、
ガラスが遠赤外線を通し、扉を閉じた状態でもリモコン操作が可能です!
扉がガラスになっていると、ホコリが入るのを防ぐメリットもあります。
お掃除が楽でAV機器周辺を綺麗に保つことが出来るのは嬉しいですよね!

使い勝手がよくてインテリアにもなじむ理想のTVボードが見つかれば、
テレビライフがもっと快適になりそうですね!
お家時間が長くなる寒い時期だからこそ、楽しむ環境づくりも整えておきたいですね。
ぜひ、気になるTVボードをチェックしてみてはいかがでしょうか?

家具のご予約は電話やメールでも承っております。
気になる商品がございましたら、船橋店までお気軽にお問合せ下さいませ。


tsunoda

2021.12.07

こだわりの詰まった"SOLK"シリーズ

12月となり今年も終わりが近づいてきましたね。
お正月はご家族でゆっくりと過ごされる方も多いのではないでしょうか。

年末年始のおうち時間に合わせて、家具の買い替えを考えていらっしゃる方へ!
今回は、どんなお部屋にも合いやすいシンプルでありながら
こだわりがたくさん詰まったダイニングをご紹介します。

“SOLK”シリーズ
ダイニングテーブルはナチュラル色のオーク材と
棚板にカゴメ編みのラタンを使用した異素材の組み合わせが魅力です。
フォルムはシンプルで柔らかい雰囲気ながらも、細かい箇所のデザインや
使いやすさにとてもこだわっているのが“SOLK”なんです!



《こだわりポイント①》
天板や脚に丸みを持たせて、優しい印象を与えています。
角の丸みがある事で、お子様がいるご家庭でも安心してお使い頂けます。



《こだわりポイント②》
誕生日席も使いたいと思ったら、脚が当たってしまうことが気になりますよね。
脚部の位置が少し内側なので、誕生日席を使う場合もそこまで気になりません。
また、天板がどちらの辺もラウンドしていることで、柔らかい印象を与えるとともに
同じサイズのテーブルと比べて、圧迫感が少なくすっきり見せてくれます。



《こだわりポイント③》
チェアは丸みのある背もたれが体にフィット。食事の後も体を預けてリラックスできます。
アームまで続いている背もたれのフレームを使い、立ち座りもしやすいです。

こだわりポイントがたくさんある“SOLK”ダイニング。
家族で毎日使用する家具なので、ぜひこだわったダイニングを探してみてください!
船橋店では、“SOLK”シリーズのその他のアイテムも多数ご覧頂けます。

また、家具のご予約は電話やメールでも承っておりますので
船橋店までお気軽にお問合せ下さいませ。
スタッフ一同、ご来店をお待ちしております♪


majima