unico 千葉 ブログ

RECENT ENTRY

2020.08.21

こだわりの自分らしいお部屋に!

毎日むしむしとした日が続いていますね。
水分をしっかり取って頂き、熱中症にお気をつけ下さい。

今回は今の暑い季節にもぴったりな、夏・海をイメージしやすいSWELLAシリーズをご紹介します。

デニム生地を使用したソファやベンチが目を引くSWELLAシリーズ。
海辺の暮らしを思わせる、涼しげなデザインとなっております。

濃淡のはっきりとしたアカシア材を使用しており、
マットな質感に加工されたアイアンがよりラフな雰囲気を引き立てています。
素材にもデザインにもこだわったお部屋の主役になる存在感のあるシリーズです。


ソファやベンチで使用しているデニム生地にはストーンウォッシュ加工が施されており、
1点1点異なる風合いを楽しんで頂けます。
取り外して手洗いができるのも嬉しいポイントです。

前回ご紹介しましたWICKシリーズは重厚感のあるヴィンテージテイスト、
SWELLAシリーズはラフでカジュアルなデザインとかなり印象が違いますよね。

SWELLAベンチは、WICKと比べるとやわらかい座り心地となり、
お食事後にゆっくりとくつろぐ時間を大切にしたい方にもおすすめです!
さらにアーム付きベンチは、アーム部分を左右どちらにも付け替えることができるため、
配置や向きに縛られず自由にレイアウトして頂く事ができます。


カラーは、デニム生地の他にグレーとライトグレーもございます。
カラーでがらっと印象が変わりますので、お部屋の雰囲気に合わせてお選び頂けます。
また季節に合わせてカバーを掛け替えるのもおすすめです!
例えば、夏はデニム生地で海をイメージ、冬は落ち着いたグレー生地など・・・

千葉店では今回ご紹介した商品以外でもキッチン収納、AVボード、レコードラックなど、
SWELLAシリーズを多く展示しております。
スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております。

次回はunicoでも大人気の、『ADDAY』をご紹介します。
SWELLAと比べて落ち着いた色味が特徴で木の表情や素材感を楽しんで頂ける『ADDAY』シリーズ。
是非、お楽しみに!!


momma

2020.08.19

それぞれの素材のぬくもりを

千葉店の人気シリーズ紹介、Vol.2です!

本日は、人気のヴィンテージテイストとクラフト感にうっとりするWICKシリーズをご紹介致します。
チーク&ラタンの組み合わせで、使い込んでいくとますます味わい深くなっていきます。

まずはキャビネットから。
扉の一部にラタンを使っており、天然素材ならではの表情が魅力。
コロンとした取っ手部分は角がないので、柔らかい印象を与えてくれます。
リビング収納はどうしても使い勝手に目が行きやすいですが、
WICKはラタン×取っ手でお部屋にアクセントが生まれて一気に華やかになりますね♪



続いてはキッチンボード。
一見、扉はどこ・・・??と思いますが、扉の側面に堀込み取っ手があり、
前面のでっぱりがない分、スッキリした印象です。
下台は観音開きで、棚板の調整でたっぷり収納&上台はフラップタイプなので出し入れ楽チンです。
天板のブラックが、よりヴィンテージ感を引き立たせるので、
かっこよくしたいけど木の素材感も欲しい!という方にオススメです。



また、WICKはダイニングも同じシリーズでご用意しています。
ソファタイプなので、食卓とリビングソファをまとめられ、ご家族のくつろぎの場としてお使い頂けます。

ソファはカバーリングタイプなので、PVC2色とファブリック(BRmix)からお選びいただけます。
カバーで模様替えや季節によって使い分けするなど、長くお楽しみいただけます。

実際の座り心地や、取っ手やラタンの触り心地など、お店でしか見られないところがたくさん。
千葉店でたくさんのラインナップの中から、お好きなシリーズを見つけてください♪

次回は、これまた人気シリーズのSWELLAをご紹介します!
カジュアルテイストのSWELLAシリーズとWICKのテーブルを合わせてみたり、
他シリーズとの組み合わせも実際にお試しいただけます。

ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。


matsuno

2020.08.14

あの人気のシリーズも・・・!?

毎日酷暑が続いていますが、皆様夏バテなどなさっていませんか。
今年は暑さもあり、おうち時間が増えていらっしゃると思います。

そんな時だからこそ、家具の見直しや模様替えで気分を変えて、
おうち時間を楽しんでみませんか?

『でも、やっぱり家具はお店で試さないとなぁ・・・』
そんなお客様には千葉店がぴったりです♪

なんとラインナップが関東で№1なんです!!
unicoの一部店舗でしか展示していないあの家具が、千葉店なら試せちゃうかも・・・

これからアレを見に行こうってお客様にも、どんな家具があるのかなってお客様にも、
数回にわたり、千葉店に展示している家具をシリーズ毎にご紹介いたします。
是非ご参考にして頂いて、お買い物時間の短縮にも活用してください。

早速ですが、本日がVol.1
千葉店でも大人気、SIGNEシリーズをご紹介いたします。


SIGNEシリーズは、シンプルなデザインが魅力。
ダイニングテーブルのかまぼこ型の脚や、キッチン収納の取っ手の掘り込みが
北欧家具のような温かさを演出してくれます。

また、SIGNEシリーズは本体の色味を、ナチュラルとブラウンの2色からお選びいただけます。

ナチュラル色は明るくシンプルな雰囲気になり、
ブラウン色は落ち着いたヴィンテージ感のある雰囲気になりますよ。


ちなみに千葉店では、ブラウン色のドレッサーとワイドシェルフもご覧いただけます。
最近は在宅ワークなどで、デスクをお探しの方が増えています。
ドレッサーは、ミラーを畳めばデスクとしても使えるので、一台二役でとっても便利です。

いかがでしたでしょうか。

もしヴィンテージ感のあるデザインがお好きでしたら、
同じく濃いめブラウン色が印象的、だけど天然素材のラタンを使用しているWICKシリーズもおすすめ。
次回はWICKシリーズをご紹介予定です。お楽しみに!


suzuki

2020.07.03

お気に入りソファを探そう~VOL.1~


梅雨に入り不安定な天気が続いてますね。
おうち時間も長くなるかと思いますので、
気に入ったソファでゆっくりと過ごしませんか?

ソファで横になりゴロゴロしたい!家族みんなで座ってTVを見たい!
など、どのように使用したいかイメージしてみて下さい。
座り心地や体のフィット感などそれぞれ違った特徴がソファにはございます。

今回はオススメソファの2アイテムをご紹介致します。



ALBERO(アルベロ)

北欧ヴィンテージスタイルなウッドフレームソファ。
アームが無い事で横からも座りやすい、お部屋がすっきり見える、
横になった時に脚を伸ばしやすい、などの特徴がございます。
また、座り心地は程良い硬さで、沈み込みが少なく、
体重をしっかりと支える安定感があります。
奥行きも広めで、背クッションを外してベッド代わりにも!



GREIG(グレイグ)

低めの幅広いアームはちょっとしたものを置いたり、横になる時の枕代わりにも。
座面と背面にはたっぷりとフェザーを使用しており、
体が包み込まれるような座り心地です。
さらにチップウレタンを混合する事により、クッションの復元力を高めています。

コーデュロイ生地は肌触りが良く、使い込むほどに味わいが出て、
ヴィンテージスタイルにも馴染みやすいです。

『リビングの主役となるソファ』

みなさんはアーム有無どちらが良いですか?
座面は硬め柔らかめどちらが良いですか?

是非、ご来店の際にはさまざまなソファを試して頂き、お気に入りを探してみて下さい。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。


majima

2020.06.22

オイル仕上げとウレタン樹脂塗装の違いって何?

ご自宅にいる時間が長いからこそ、家具の状態を見直したり、
お手入れをしたりする事はございませんか?
「家具の塗装方法」によってお手入れ方法も違うので、
今回はこちらをテーマにご紹介させて頂きます。

unicoの家具の塗装方法には「オイル仕上げ」と「ウレタン樹脂塗装」が多いです。


「オイル仕上げ」

天然の植物性オイルを主原料とした塗料で、木の内部まで染み込ませる方法です。
家具を木材の内側から保護してくれます。
しっとりとした手触りで、木の素材感が直に感じられ、木肌がナチュラルな装いです。

最大のメリットは、ご家庭でお手入れができること。
ひっかき傷程度でしたら、やすりがけを施し、
家具用のオイルを塗布すると簡単に補修ができます。
そして、定期的にメンテナンスをしていけば、美しい風合いを保てます。
ひとつ注意点をあげると、輪染みがウレタン樹脂塗装よりもできやすいという点です。
熱いものや濡れた冷たいものを置く場合は、
コースターや鍋敷きを忘れずに敷いてくださいね。


「ウレタン樹脂塗装」

木の表面にウレタン樹脂という薄く透明な膜を作る塗装方法で、
家具を木材の表面から保護してくれます。
オイル仕上げよりもつるっとた手触りと仕上げで、光沢があることが多いです。
最大のメリットは、汚れや染みが付着しにくいこと。
オイル仕上げと比べると定期的なメンテナンスの必要はなく、
普段のお手入れは固く絞った水拭きで十分です。
ひとつ気をつけたい点は、傷がついてしまったとき、ご家庭での補修が難しい点です。
傷がついてしまったときは、市販の補修キットの使用や、
専門のアフターサービスへ修理のご依頼をされることをおすすめ致します。

皆様は「オイル仕上げ」と「ウレタン樹脂塗装」どちらが気になりましたか?
塗装の違いも家具選びのポイントに取り入れて頂くと、
また違った選び方ができるかもしれません。
是非ご来店時にスタッフまでご相談下さいませ。


jimbo