unico loom 越谷 ブログ

RECENT ENTRY

2021.06.04

スタッフの引越し準備-キッチン収納編-

私事ですが、ついに念願のマイホームを購入し、
7月中旬の引越しに備えて準備をはじめました。
今回は、キッチン収納編としてその様子をご紹介します!

おそらく多くの方が、ハウスメーカーさんとの打ち合わせの際に悩む、
キッチン収納を作り付けにするかインテリアショップで購入するかという選択。
私もその選択に悩んだひとりでした。

今後数十年ずっと使い続けるもの。
使い勝手やデザイン性にこだわりたい、でもしっかり予算内に収めたい。
そんなわがままを叶えてくれたのが…今回ご紹介するADDAYシリーズ!

私がADDAYに決めたポイントは4つ!

①引き出し収納
小さい子供がいる我が家はとにかく効率重視。
物の出し入れがしやすく、立ったまま行えるのがとても魅力的でした。
最上段の引き出しは浅めですがカトラリーだけではなく、
使用頻度の高い茶碗やマグカップも収納できる深さがあります。



②ダストカウンター
キッチン側にゴミ箱のスペースがなく付近にストックもない為、
カウンター側にゴミ箱のスペースをつくる必要がありました。
ダストカウンターならゴミ箱の上のスペースを有効活用することができます。

③衛生的で機能性に優れたステンレス天板
ADDAYは、ステンレス天板にバイブレーション加工と呼ばれる
あえて細かな傷をつける加工を施すことで傷が目立ちにくくなっています。
もちろん表面は滑らかな仕上げになっておりますのでご安心ください。
そしてADDAYは前面にもステンレスを折り曲げて
角に沿わせる加工をしているのでお掃除も楽に行えます。
キッチンカウンターで娘と一緒にお菓子やパンを作るのが今から楽しみです♪



④高いデザイン性
ADDAYはオークの表情豊かな木目を楽しめるシリーズ。
落ち着きのある優しいブラウン色にステンレス天板や
黒いスチールの取っ手がアクセントになっていて、とってもお洒落ですよね。

我が家に置きたいキッチンカウンターはADDAY!と決まったところで、
3Dシミュレーターで新居に合うかシミュレーションしてみました。

我が家は中古マンションをリノベーションしていて、
構造上、キッチンの壁付けは確定だったので、
ダイニングとキッチンの間に高さ130cmのモルタルの壁を造って、
その裏にキッチンカウンターを設置することにしました。



気分が上がるお洒落なキッチンスペースになりそうです☆

今回私が選んだ、
・ADDAY キッチンカウンター オープン W1230
・ADDAY ダストカウンター W820
はどちらも定番商品で在庫があれば1週間から10日程度でお届けが可能です。
受注生産の商品をお選びいただく場合は、3~4ヶ月程度お時間いただきますので、
お家や設置スペースが決まったら早めにスタッフへご相談ください。

unicoでは3Dシミュレーターを使用したコーディネートサービスを無料で行っております。
オンラインやアプリでもご予約を受け付けております。

また、店舗へのお電話やメールでのお問い合わせも承っております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。


jinno