unico 札幌 ブログ

引越ししました!

2022.04.22

もう半年以上も前の話にはなりますが、引越しのご報告です!
 
新居のことをいろいろ考えているとわくわくしますよね。
 
今回の引越しで、家具を丸ごと買い替えることになり、
せっかくなので入社した時からずっと憧れていたMANOAシリーズでそろえることにしました。
 
3Dシュミレーターを使って同期にレイアウトを相談してみたり、時間をかけて構想を練りました。



実際に家具が届くと、ずっと欲しかった家具ということもあり、
テンションが上がりました!
 
思い切ってLANA(ラナ) カバーリングソファ 3シーターを購入したので、
最初こそ嬉しくてはしゃいでいたのですが…



今ではすっかりぬいぐるみに場所を取られてしまいました。笑
僕が座る用にオットマンを購入して正解でした。笑
 
普段からインテリアに携わることが多い分、その中でも好きな家具に囲まれて暮らすことは、とても幸せなことだなぁと実感しています。
 
次はキッチンカウンターが欲しいと思っているので、また仕事を頑張ろうと思います!
 

雪の街

2022.02.18

北海道生まれ、北海道育ちで雪には慣れたつもりでいたのですが、
さすがにこれだけ降られるとちょっと苦笑いです。
 
札幌管区気象台によると、24時間の降雪量が観測史上最多の60センチを記録したそうです。
積雪はその日の午後には平年の2倍の133㎝に達し、交通機関がすべてストップしました。
 
朝起きた時点で、何かいつもと違うなと思いカーテンを開けてみてびっくり。
1階の腰窓にかかる程の雪が積もって、雪はまだ止む様子もありませんでした。



外に出ると腰まで高さの積雪で、だだの雪山になった愛車を掘り起こすのに2時間も雪と格闘しました。
 
通勤の往復も一苦労。
排雪が進まないため、歩道には高い雪の壁がそびえ立ちます。



さすがの道産子達もあまりの雪の量にびっくりでした。
 
ただ、冬の札幌の街並みは絶景。
山の上から見ると空気が澄んできれいな雪化粧をした風景は、言葉に表せないほどです。



苦笑いもいつの間にか笑顔になりました。
 

学びある人生を

2021.12.17

今回はちょっと変わった私の趣味を紹介いたします。

趣味から始まり今では毎日の習慣になったこと、それは法律の学習です。

趣味で終わらせるのは勿体ないと感じ、法律関係の資格に向け学習を始め、先日受験してきました。
これを経てさらなる難関資格に挑戦しようと決意をしました!

これからは今以上にさまざまな法律を高度なレベルで学ぶことになるのでとても楽しみです。
法律の学習時間は自分にとって一番と言ってよいほど有益です。  



とはいえ内容はとても難しいので、勉強の合間に糖分を取りながら。



なぜか飼い猫がテキストの上に眠りに来てしまうためときには苦労しながら。笑
でもこのときが勉強中の癒しとなっております。



本格的に学習を始め、今後の私生活でも役立ちそうな、様々な権利に詳しくなりました。
そしてその知識は、自分や家族を守れる人生の助力的存在だとさえ感じています。

今後も学びある人生にしていこうと思います!

少々異質な内容になってしまいましたね。笑 
ではまた次回のメンズブログで。

非日常に触れる楽しさ

2021.07.02

すっかり気温も上がってきてお散歩やお出掛けが楽しみな季節になってきましたね。
 
最近はコロナの影響で商業施設などに行けない分、公園や屋外でのんびりする時間も幸せですよね。
皆さんは休みはどのように過ごしていますか?
 
僕は以前は休みの日には水族館巡りなど、普段味わえない非日常に触れ合うことを楽しみにしていました。
 

 
これは、イワシのえさやりをショーに見立てて音楽と共に演出していたのですが、
まるで海の中で巨大な捕食者に出会ったかのような壮大なものでした。
イワシの魚群を生で観たことが初めてだったので、感動したことを覚えています。
 

 
館外ではペンギンとふれ合えたりと癒されました。
実際に見ると意外と体が大きいんですよね。
 

 
そして、なんといっても欠かせないのがイルカショーですよね。
このために早くから並び、最前列をとれたこともあって迫力が違いました。
僕は見たものにとても影響されやすいので、こんなキラキラしたスタッフになれたらなあと思いました。
 
今の生活から離れた世界を見ることで刺激を受けることがたくさんあると感じたので、
また色んな経験をしたいです。

だれかの為に

2021.02.26

小学校の時に配られた赤い羽根
皆さんも記憶があるのではないでしょうか。
募金や寄付をすることによってもらえるアレです。
 
僕は募金箱があればお金を入れてしまう習性がありまして、
募金することは日常の行動のひとつになっています。
 
というのも、東日本大震災の時に現地や被災した方に関わった経験から
微力ではあっても誰かの役にたつことができればと思ったのがきっかけです。
 
ここ2~3年は車で出かけた際に各地の社会福祉協議会に訪れて募金をするのが定番になっています。
 
今は募金をするとピンバッジがもらえて、今回あらためて並べてみたら
各地のご当地デザインのピンバッジがかなりの量になっていました。
 
 
最近はなかなか出歩くこともしづらい状況なので、
自分の住んでいる北海道以外の県に募金したりしています。

 
日本の寄付の総額はアメリカに比べると100分の1にも満たないらしく、
まだまだ募金が身近なものではなく特別なことになっているようです。
 
今現在コロナで大変な状況にある人たちが増えている中で、
時間や移動ができなくても応援できる手段って何かしらあるはずだと思っています。
 
些細な金額の募金でも、お礼の手紙が届くと自分まであたたかい気持ちになれます。
 

 
寄付をして気持ちも豊かになれるなら、こんないいことはないですよね!