unico 武蔵小杉 ブログ

癖のようなもので

2020.01.10

ふらりと出かけた先で、ひそかに楽しみにしていることがあります。
それは、ちょっと珍しい文房具や本、お皿との出会い。
 
これらに共通するのは、お店ごとで特長がはっきり分かれるところでしょうか。
 
お店の趣味や土地柄が品揃えにあらわれ、
見たこともないような掘り出し物を見つけては、ひとり興奮しています(笑)。
 
ちなみに薬局などでも、棚の隅から隅まで商品を眺めていくのが好きです。
消費者心理を刺激されてしまいます。
 
前回は料理の話をチラッとしたのですが、お皿を集めるのも趣味なんです。
 
私が持っているお皿だと、古くて1900~1910年代くらいのものからあるのですが、
その中でもお気に入りなのはこちら。

 
フランスの郵便局の開局祝いのお皿だそうです。
2、3年ほど前に蚤の市で手に入れてからずっと気に入っています。
花柄のデザインが上品でありながらかわいらしく、とても100年以上前の物とは思えません。

 
それから次に紹介したいのはこちらの小皿。
サイズは直径5cmほどで、手描きの梅の柄がとてもかわいいんです。
 
お店の方の話によると、明治時代に作られたらしく
骨董屋さんの棚の中でちょこんと並んでいたのが愛らしくて、思わず買ってしまいました。
 
は~かわいい。
休日、何もすることがなくなると集めてきたお皿を並べて眺めます。
それだけで達成感を味わえるので(笑)。
 
文房具や本にしても、同じようなことをしては、ひとり悦にひたっています(笑)。
 
時代や国を超えて、今も残っているアンティークな物を集めていると、
まるで「世界平和に貢献しているな」「自分偉いな」という気分になります。(勝手ですが)
 
気に入った物はとにかく集める。それを部屋いっぱいに広げて満足する。
そういう癖があるよという話でした。

「海の男」気分

2019.05.17

こんにちは、木内です。

 

長かったGWもあっという間に終わってしまいましたが、今回は思い出話を少し。

世間のお出かけムードに誘われて、行って参りました千葉県は南房総!

 

家からそれほど遠くはないのですが、GW中の混み具合も気になりつつ、車で向かうことに。

 

さっそく高速道路に入ると、何やら急いでいる人も多いみたいで。

KEEPレフトを遵守し、のんびりと車を走らせます。

 

まず立ち寄ったのは海ほたる。名物であるあさりまんをほおばり、ひと休み。

 

 

サービスエリア内のゲームセンターでは、令和Tシャツが景品になっていました。

のどから手が出るほど欲しかったですが、次の目的地もあるので、泣く泣くあきらめることに。

 

向かった先は、今回の旅行のメインである海鮮網焼きの食べ放題!お昼時ということもあり、お店にはすでに大行列が。

しかし、来たからには食べずにはいられない。結局、1時間ほど待つことに。

 

 

やっとのことでテーブルに着くと、愛想の良い店員さんが「1時間しかないから、たくさんお食べ」とやさしい一言。

(ここが1番の撮影ポイントでしたが、美味しさのあまり、スマホよりもトングでした)

 

お腹いっぱい食べたところで、続いては土産処へ。

定番のアジの開きは抑えつつ、健康のことも考え野菜もまとめ買い。

 

 

帰りがけに温泉も見つけたので、ゆっくり浸かって旅の疲れを癒し、帰路へ。

 

 

日帰りかつ近場での旅行ではありましたが、海沿いをドライブできたり、海鮮網焼きを楽しんだりと、「海の男」気分を味わえたGWになりました。

 

 

 

平成最後の年に思うこと

2018.10.19

今年で平成も終わりますね。

平成という元号とともに、人生を歩んできた僕ですが(歳ばれちゃいますね)
平成最後の年は、生活が大きく変わった年でした。
家族が増えたり、暮らしを営む場所が移ったり、人との付き合い方が変わったり。

特別遠くで暮らしていたわけではないですが、
平成の終わりとともに、地元・町田へ帰ることに。

街をふらふらと歩いていると、
「地元って、こんなところだったのか」と改めて感じ。
何となく感慨深くなってしまって、気づけば写真をパシャリ。



こんな表情の街ですが、
路地を覗けばノスタルジックな雰囲気が。






行列のできる人気店がたくさんある、地元では有名な仲見世商店街。
ご存知の方も多いと思います。



居酒屋が立ち並ぶ、人情を感じる通り。
陽が落ちると、ここの灯りを求めて、地元の人から遊びにきた人まで、たくさんの人が美味しいごはんやお酒を楽しみに訪れます。



日本一のカツカレーと謳われたカレー屋さんもあるんです。
あいにくこの日はお休みで、カレーはお預けです。

以前のブログでもこんなことあったような…

写真を撮ったのは平日でしたが、商店街は多くの人でにぎわっていました。
けれど駅から少し離れると、静かで大きな公園も。



地元の人なら、小さい頃に、ここの噴水で水遊び。
なんてこともあったのではないでしょうか。

慣れ親しんだ場所ですから、もちろん懐かしさはあったのですが。
様変わりしていく街の姿に、時の流れの早さを感じ、切なくて、感傷にひたってしまいます。
それでも、やっぱり地元はいいな、と思う今日この頃でした。

来年はどんな年になるのか。
今から妄想にふけっています。