unico 神戸 ブログ

粘土細工はじめました

2021.01.22

みなさんこんにちは。
以前に比べて家で過ごす機会が増えたこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
はじめての投稿では、新しい趣味を紹介します。
 
その趣味とはズバリ「粘土細工」です。
 
形の残って飾ることが出来る粘土細工で、僕の好きな芸術家の岡本太郎が制作した”太陽の塔”を作ってみることにしました。
 
まず石粉粘土を使って形を作り、メインとなる顔を彫刻刀で掘ります。
簡単だと思っていたのですが、盛り上がっているところや深く掘るところなど細かくこだわると1時間ほどかかりました。



この段階でもいい感じに仕上がってきたのですが、ここからさらに全体にヤスリをかけて磨いていきました。



次は着色です。使った色は赤・金・白色のみ!
全体に白色、上部だけを金色に着色。
赤い模様は鉛筆で下書きをして、線が歪んでしまわないように、色を塗らない部分をマスキングテープで保護していきます。



なんだか怪我をして包帯を巻いているように見えてしまいます(笑)
 
テープで囲った部分に赤色を塗り、テープを剥がす瞬間、緊張が走ります。
出来栄えやいかに…



成功しました!
時間をかけて作ったので自分でも納得のいく出来栄えとなりました。
今回でコツをつかんだので、これからも暇があれば作っていこうと思います!
作ったあとの達成感はものすごくあるので、興味がある方はぜひ!
 

日々是好日

2020.11.06

お久しぶりです。石川です。
 
前回は生まれて3ヶ月の子どものために、ベッドメリーを作りました。
今では健やかに成長して、1歳3ヶ月となり怪獣化しています(笑)
 
仕事から家に帰るとおもちゃが部屋中に散乱…
大好きな車のおもちゃもこの通りです。



けれど今日一日を元気に過ごした姿が垣間見える瞬間でもあり、ほっこりしてしまいます。
 
でも、そろそろお片付けを覚えてほしいと思い、
今回は片付けがしたくなる様に車の駐車場を作ることに。
必要な物は白とグレーの画用紙、芝生、ハレパネ、すべて100円均一で揃いました。



まず、ハレパネにラフ案を描き、
下絵に沿って芝生をカットして、ボンドでボードに付けていきます。



そしてグレーの画用紙を道路と見立てて、全面に糊付けします。
白の画用紙は道路の白線として、カッターでひたすらカット。
白線を付け終え、車を並べたら駐車場の完成!


 
綺麗に並べて片付けてくれるようになるのはまだ先になりそうですが、
近い将来、家に帰り、駐車場に車が停めてある光景を楽しみにしたいと思います。
 

チャレンジ

2020.05.22

突然ですが、皆さんは今、何かにチャレンジしていますか?
なかなか外出できない状況の中、自然とお家で過ごす時間が増えているという方も多いのではないでしょうか。
 
私自身も、普段とは違う日常が続きとても困惑しています。
だからこそ、「いつもはできないことに挑戦してみよう!」と思い立ち、
以前から気になっていた物を思い切って購入しました!(笑)
 

 
それが、こちらのギター!
初めて購入するということもあり、音楽に詳しい友人におすすめなどを聞いて選びました。
 
ギターには大きく分けてアコースティックギター、セミアコースティックギター、エレキギターの3種類があるそうです。
その中から、私が選んだのはセミアコースティックギター。
 
その理由はひとつ!ずばり…音です!
それぞれのギターを弾き比べしている動画を何度も見返しました。
 
セミアコースティックギターの音は、アコースティックギターより細い印象ですが、
繊細さや深みを兼ね備えているところに魅力を感じました。


 
ギターが届いてからは毎日のように弾いています。
まだまだ始めたばかりで演奏は全然できませんが、一緒に練習できる動画を観たり、
友人にアドバイスをもらいながら、早く曲を弾けるよう日々トレーニング中です!
 
目標に向かって努力するのは、学生時代の部活動のようで、充実した毎日が送れているような気がしています(笑)。
 
オレunico初登場ということで長くなってしまいましたが、
皆さんもこの機会に、新しいチャレンジをしてみてはいかがでしょうか?
 
それではまた!                                                         
 

「浪漫」を感じるものたち

2019.01.18

ふと気がつけば、今年で社会人になり10年目。

自分自身や社会のことも、色々と分かってきたような気がします。

 

同じように「物」も10年以上使い続けることで、その本当の良さが分かるようになると聞いたことがあります。

つまり、

 

「浪漫」を感じられるようになるのです。

 

という訳で、突然ですが、今回のブログでは西田と、社会人生活10年の苦楽をともにしてきた

相棒たちをご紹介しようかと思います。

 

その①

オレンジのアウター

 

 

こちらは、学生時代から、服を買う時にお世話になっている奈良のセレクトショップで購入した相棒。

 

とても気さくでやさしいオーナーが、学生の頃、お金が無かった自分を見かね

「大切に使ってもらえるなら」と、少しばかり安くしてくれた思い出のアウターです。

 

今でも大切に使っています。

 

 

その②

一眼レフカメラ

 

私事ではありますが、以前、一眼レフカメラを販売していたことがあります。

 

正直最初は、カメラ一つに、数十万円を支払うお客さまが不思議でなりませんでした。

ですが接客を通じ、親御さんの「子どもの写真を少しでもきれいに残してあげたい」という想いにふれて。

知らず知らずのうちにカメラの世界にのめり込み、購入してしまいました。

 

思い出を残すという、写真ならではの「浪漫」は、「お金」よりも大切かもしれないと気づいたのです。

 

当時のカメラは、今でも現役バリバリの相棒です。

 

 

その③

キャンプギア

 

釣りや、お酒、ドライブが好きな私。

アウトドアレジャーを思い切り楽しみたい一方で、そこにはさまざまなハードルが。

 

車で行くとお酒は飲めない。

泊まりで行きたいけどホテルは高い。

思う存分釣りも楽しみたい。

 

いろいろと考えた結果、泊まりのキャンプができればいいのでは?と思いつき。

今ではお酒や釣りを楽しみながら、キャンプを満喫しています。

 

 

こちらの写真は、そんな10年来のお供であるキャンプギア。

 

今こうして見てみると、かなり型落ち感がありますが、

古びた感じがまた、自分らしいな思える素敵な相棒です。

 

 

その④

バイク

 

 

幼い頃から乗り物が大好きでした。

 

学生時代にバイトを掛け持ちし、念願のこのバイクを手に入れたあの日

きっと

忘れることは無いでしょう。

 

雨の日も風の日も自分をいろんな場所に連れて行ってくれた大切な相棒です。

車を手に入れてからは乗る機会は減ってしまいましたが、

今年はツーリングに行く計画を立てています。

 

まだまだ紹介したい相棒はたくさんいるのですが、

ひとまずこの辺りで。

 

皆さまの中にも、10年以上使い続けている相棒をお持ちの方がいたら、これからも可愛がってあげてくださいね。

 

そんな皆さんと、いつか「浪漫」を語り合えたらうれしいです。

                                

結婚式の準備をしよう!

2018.10.26

お久しぶりです、石川です!

毎度DIYやリメイクについてお送りしているわけですが、今回のテーマはウェルカムボード。

 

そう、実は私、今年の春過ぎに入籍しまして。式を来月に控え、刻一刻とその日が近づいてきています。

それにも関わらず、まだまだ準備することがあるのか、ないのかよくわからない状況なのです

 

妻を見ていると、女性は衣装のほかにも髪型、メイクなど決めることが多くて忙しそう

一方、私はというと、1日であっさりと衣装なども決まってしまいました。女性は大変だなぁ

とは言いつつ、「何も手伝わない旦那」と思われるのも嫌でこの度、取りかかれていなかったウェルカムボードを準備しよう!と思い立ちました。

 

そもそもウェルカムボードとは、どういうモノなのか?

ネットで見てみると、似顔絵のパネルやチョークボード、ガラスのプレートなど、種類や素材もさまざまで、おしゃれなものばかり。

 

ネットで見たようなすてきなボードを作るために、まずは、テーマを決めなくては。

式場の内装はクラシカル。ゲストのみなさんには、落ち着いた時間を過ごしていただきたいので、ボードはアンティーク調にすることに。

 

卓上に置くので小ぶりになってしまいますが、小さいながらも存在感は出したい。

そこで選んだのがこちら。

 

 

 

金のフレームのミラーに、白のポスカでメッセージを描くことに。

ですが、直にいきなり描けるほどの画力が私にはないので、ネットにあるフリー素材のフォーマットを使ってみました。

その下に複写式のチャコペーパーを敷いて下絵を作る作戦です。こちらのような感じですね。

 

 

 

マスキングテープでとめて、力を入れ、ボールペンでひたすら文字枠をなぞります。

 

 

 

すると

 

 

 

想像以上にハッキリと字が写ったので一安心!

あとはこれにポスカで色を塗るわけですが。

中学生以来、久しぶりに使うので懐かしさを感じながら、気づけば無心になって色を塗っていました。

 

 

 

そして、いい感じにまわりを飾ってやっとこさ完成!

我ながら満足のいく仕上がりになりました。

 

 

 

 

 

本番の式までには、どんな花を選ぶのか、どんな写真を使うのかなどを決めていかなくては

 

そっか。こだわればこだわるほど、準備が増えていくのが結婚式なんだと気づきました。

当たり前のことですが()

 

どうやら、準備することはまだまだありそうです。

でも、悩みながら準備するのも楽しいですね!

どうか、うまくいきますように