unico 北千住 ブログ

おうち図書館をつくりたい。

2022.01.28

こんにちは。

前回から約1年が経ちました。

あれから絵本がさらに増え、収納も足りなくなったので新しい絵本棚をお願いしました。



子供たちに木のぬくもりや温かさを感じてもらいたいと思い、
いろいろ探した結果、国産ひのきを使用した絵本棚に。

どれもお気に入りの絵本ですが、中でも「さむがりやのサンタ」は特にお気に入りです。
コミックのようなコマ割りで表現されており、皮肉屋だけどやさしいサンタさんのお話です。



おうちで図書館気分を味わえるよう、もっと絵本を増やしていきたいなと思います。

小さなソファも欲しいな~。
 

心赴くままに。

2021.06.25

お久しぶりです。
オレウニコ2回目の登場の高田です。
 
展覧会。
その道を極めた人の仕事を感じられる。こんなに贅沢な場所はないですね。
 
その時その時の好奇心に任せて、
時には現代アートを感じたり、時には侘び寂びの心を感じたりと。
 
こちらは本物のサボテンを使って作った人型の作品です。
 

 
このクオリティ、すごすぎます。
展示が終わった時に崩してしまうのがもったいないですよね、家に置きたいくらいです。(笑)
 

 
こちらは「糸」をテーマにした展覧会の写真です。
この空間の大部分には糸が張られているんです。身近にあるものなのに見せ方ひとつで何やら不思議な世界に変わりますよね。
 

 
ミニチュアのインテリアもあり、仕事柄目を奪われてしまいました。


 
日本人らしく和を感じるのもいいですよね。
 
展覧会の洗練された独特の空間が好きで、常設展ではないからこそ、一期一会な気がしてついつい足を運んでしまいます。
 
なかなか気ままに外出もできないので、それまでは写真を見て余韻に浸ろうと思います。
 

絵本

2021.03.26

最近よく子供と一緒に絵本を読みます。
お気に入りは"11ぴきのねことあほうどり"です。

 
馬場のぼるさんの代表作11ぴきのねこシリーズの一つで、私も幼い頃大好きでした。 
とらねこ大将とゆかいなねこたちのもとへあほうどりがやってきて、、、。
欲深くて、ずるがしこいねこたちと純心なあほうどりのお話です。

これを機に調べてみましたが、なんと1972年出版でした。49年前に誕生した絵本です。
時代の変化に伴い、いろいろと豊かで便利な時代になりましたが、
その中でも変わらず存在していて率直にすごいなと思います。

絵本を通して言葉を覚えることに加え、表情や感情がどんどん豊かになると思います。
大人だからこそ読み返してみるのも楽しいかも。

 
私は"バムとケロ"シリーズも大好きです。
これからも沢山の絵本を読んであげたいと思います。

香りのある暮らし

2020.06.19

はじめまして。
オレunico初登場の高田と申します。
 
突然ですが、皆さんにはお気に入りの香りってありますか?
 
アロマやせっけん、花や植物の自然の香りもいいですよね。
ヒノキ風呂なんかも、木のやさしい香りで癒されますよね。
 
身近にも心地良い香りってたくさんあるなと思ったので、
今回は僕のお気に入りの香りの話をご紹介します。
 
1人暮らしを始めた当初、部屋の中を自分の好きな物でいっぱいにしたいなと思っていました。
それは「香り」も同じ。
ただ、いかんせん好きな香りも多いので、空間や気分に合わせて変えるようにしています。
 
その中でも、いくつかお気に入りの香りがあります。
まずはこちらのポプリです。
 

 
ポプリというのは、花や葉っぱ、香草、木の実などをスパイスやオイルと混ぜ合わせ乾燥させたもの。
ハーブ特有の少しスパイシーな香りが、気持ちを落ち着かせてくれます。
専用の入れ物であるポプリポットは使わず、いつもお気に入りのお皿の上に雑に置いています(笑)。
 
次は、こちらのパロサントという南米に自生する香木をご紹介。
 

 
このままでも十分に香りますが、火をつけてすぐに消すとより強く香ります。
独特のウッディ―で甘い香りを楽しめますよ!
 
この香木は南米では昔から、シャーマンなどが儀式に使っていた神聖な物だそうで「聖なる樹」とも呼ばれているんだとか。
 
何やらスピリチュアルな効果もあるそうなのですが、
私はいまいちそういうものには疎いので、単に香りが好きなので置いています(笑)。
 
最後は、こちらの琥珀のポプリです。
 

 
こちらは先ほどのポプリとは違い、植物の樹脂を固めた琥珀にオイルを垂らして使うものです。
アイアンの容器に琥珀ってかっこいいですよね。
もちろん香りもすごく好きなのですが、見た目も好みでお気に入りのひとつになっています。
 
こんな感じで好きな香りとの日々を楽しんでいます(笑)。
ですが、香りを文章で伝えるのって難しいですね…
少しでも興味を持っていただけたなら、うれしいです!
 
皆さんも自分にとっての心地良い香りを見つけて、癒されてみてはいかがでしょうか。
 

富士山を見に

2020.03.19

だんだんと暖かくなってきた今日この頃。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
 
本格的な春の訪れが楽しみですが、
今回のブログでは、思い出を振り返れる良い機会だと思い、
2、3ヶ月ほど前に富士山に行ったお話をご紹介します。
 
先日、「冬の澄んだ空を見てみたい!」と思い立ち、
夕日や星がきれいなスポットをいろいろと調べてみることに。
 
自分なりのリサーチの結果、標高の高い場所は空気が薄く、
空も澄んでいることがわかりました。
 
せっかくなら、「日本で1番高いところで空を眺めよう!」と決めて、
夜中から車を出して富士山に向かうことに。
 
道中も見慣れない光景の連続。
自然と会話も盛り上がり、あっという間に目的地へ。
 
 

天を仰ぐと…
澄んだ空には、街中ではなかなか見られない星々がたくさん…
冬のしかも、真夜中だったのでとても寒かったのですが、
白い息すらも美しく感じられるほど、非日常的な雰囲気を味わえました。
 
かじかんだ手を温めながら、ホットコーヒーを飲み、星空を見上げる…
贅沢な冬のひとときを楽しむことができました。
 
ですが、この満天の星空を写真に収めるのは難しく…
ぜひ、「本物」を見てみてください!
 
星空ももちろんきれいですが、冬は早朝にこそ趣があるもの。
もちろん、早起きして「富士の朝日」を拝みます!
 
日が昇ると、だんだんと空が白みはじめ…
「日ノ本一の富士山」が姿を現し、とても壮大な光景が目の前に広がりました。
 
 

言葉を失うとはまさにこのこと。
雲がかかった写真しか撮れなかったのは残念でしたが(笑)。
 
星空も朝日も楽しみ、気ままに自然の中をドライブして…
大満足の弾丸旅行になりました!
 
「思い立ったが吉日」という言葉もありますし、
皆さんもぜひ、「行ってみたい!」と思った場所へ足を運んでみてくださいね。