unico 千葉 ブログ 関田のブログ

はじめてのガラス工芸

2019.08.30

基本的に、計画を立てない私。

休日に何をするか考えている時間があるなら、すべて睡眠に費やしたい無気力男です()

 

ただそんな私でも、数ヶ月に一度くらいは旅に出たくなる衝動に駆られます。

以前のブログでも、沖縄でシュノーケリングをしたときのことを書きました。

 

ということで思い立ち、特急列車に乗ってやってきたのが、こちら。

 

 

山梨県は笛吹市にある、石和温泉。

新宿から特急列車で1時間半の距離でありながら、自然豊かで、富士山の見えるお風呂もある、新日本観光地100選にもなった温泉郷なんです。

 

今回泊まった宿は、露天風呂付きの部屋なのですが12日、朝・夕食付きで1万円ちょっと。おトク!

 

ですが、ホテルに到着したものの、チェックインまでまだ3時間もあります

 

行きの列車では、まともに調べもせず爆睡したので()

ノープランというか温泉以外何があるか分からない状態。

 

そこでホテルのフロントでお姉さんに聞いてみると、近くにガラス工房があるとのことなので、さっそく行ってみることに。

 

 

工房内はこんな感じ。きれいなガラス細工がたくさん並んでいます。

 

職人さんの作品を見てまわるうちに、童心に帰ってだんだんと制作意欲が湧いてきます。

実は図工だけは得意だった私。

 

ガラス工芸の体験ができるとのことなので、昔の勘を頼りに、いざ挑戦!

 

まずは、トレーの中から好みの色のガラスをチョイス。

 

 

続いて型を選んでいきます。

 

写真を撮り忘れてしまいましたが、コップやおちょこからワイングラス、シャンパングラスまで10種類くらいの型がありました。

ちなみに私が選んだのは、台付きのコップです♪

 

型が決まったら、職人さんの指導のもと、吹き竿に息を吹き込んでガラスをふくらませていきます。

 

 

息の量をコントロールしながら、慎重に形を整えていきます。

 

ちなみに、水で塗らした新聞紙を重ねれば、

数千度に熱されたガラスもこんな感じで触れるんです。不思議

 

 

最後に、専用のハサミでちょきん、と切って形を整えれば

 

 

ようやく完成!

 

 

図工や工作が得意分野なだけあって、我ながら初めてにしてはなかなか上手にできたのではないかと思っています()

 

終始、職人さんがマンツーマンでフォローしてくれたので、安心して楽しめました!

 

頑張った分、その夜の露天風呂も格別に気持ちよく、おいしいごはんも満喫できました。

たまにはお出かけをして、いろんな体験をするのも楽しいものですね!

 

いきあたりばったりでしたが、ゆったりのんびりとした休日を過ごせました。

 

それでは、次のお出かけ欲が湧いてくるまで、いったんまた寝ます()