中野のブログ

「みどり」の子ども

2020.02.28

少しずつ春が近づいてきましたね。
とはいえ肌寒い日も多く、外出するのもおっくうになり、部屋の中でぬくぬくと過ごす毎日。
映画を観たり、子どもと遊んだりしながら「今回の投稿、どうしようかな」と考えていたところ…
 
以前ご紹介したビカクシダに、子株が生えているのを発見!
子株とは、親株から分かれてできた新しい株のこと。
がんばって育ててきた甲斐がありました!
 


このことをブログのネタにしようと思いつき、
さっそく、株分けに取り掛かっていきます!
 
今回株分けに使う道具はこちら。
水苔、ワイヤー、ハサミ、木板と、いたってシンプル。

 

鉢はもちろん、コルクや流木、コケ玉などでも育てられますが、
お部屋を広く見せたい僕は、「板付け」という方法で壁に吊るしていきます。
 
まずは、今付いている板からビカクシダを剥がします。
子株にハサミを入れ、ゆっくり切り分けていきます。
葉を傷付けないように、慎重に慎重に…
 
無事に切り分け終えたら、水苔に水を注ぎ吸水させ、新しい板に盛っていきます。
土留めになってくれる水苔は、とても軽く、壁に掛けても安心。
手が泥だらけにならないのもうれしいところ。
 
最後に、ビカクシダを水苔の上に乗せて、ワイヤーで固定。
こんな感じになりました。
 
 

初めてやったときは、難しくかなり時間もかかっていましたが
今では、「次はどんな風に板付けしてみようかな」と楽しんでいます。
 
ちなみに実はこの株、以前紹介したビカクシダと種類が違うんです。
あれから、ビカクシダの魅力に取りつかれ、仲間を増やしてしまいました(笑)。
 
この子の名前は”white hawk”(ホワイトホーク)。
タカの翼のようなフォルムの白みがかった葉っぱが、その由来。のはず…
単純に名前のかっこよさで買いました(笑)。
 
徐々に貫禄がでてきて、我が家のインテリアがパッと華やかに。
こんな風に壁に吊るして、ソファで横になりながら毎日癒されています。  

板付けの注意点や水やりの方法など、
お話ししたいことはたくさんありますが、今回はこの辺りで。

 

まだまだ成長途中なので、
次回はもっと大きくなった姿をお見せできればなと思います。
 

植生活

2019.04.05

こんにちは。

2回目の登場となります、中野です。

 

少し前に他のスタッフもブログに載せていましたが、私も室内で植物を楽しく育てています。

家の中は、まるで植物だらけのジャングルのようで

個人的に植生活と呼んでいます。

 

今回は、そんな植生活を送っている私から、いくつかお気に入りを紹介します。

熱が入りすぎるあまり、植物の名前やら、分かりにくかったらすいませんと先に謝っておきますね。

 

まずはメジャーなゴムの木やモンステラ。

育てやすいので初めての方にもオススメです。

 

 

 

続きまして、インテリアショップなどでも置いているキセログラフィカもいいですよね。

 

 

 

そして私が今、一番熱を上げているのがビカクシダです。

よくコウモリランという名前で販売されていて、皆さんも見かけたことがあるかも知れないですね。

 

その魅力はなんと言っても、豊富な種類でしょう。

調べていくとすごい種類があるんです。とんでもなく。

 

品種の交配も進んでいるそうで、今もなお種類が増え続けているとか

育てやすいものから難しいもの、派手なものから地味なものなど、それぞれ個性があり、光の当たり具合や水をあげる量で、葉っぱの形も変わっていきます。

 

成育も早いものが多く、私のようにせっかちな方にもオススメですよ。

 

 

これからもさらに大きくして、いつか我が家のインテリアの主役になってもらう予定です。

 

正直、全然話し足りませんでしたが、今回はこの辺で

次回は、植物たちの成長した姿をお見せできればなと思います。

    

世界遺産

2018.05.11

はじめまして、中野です。

今回は、私が初めて海外へ
旅行した時のことをお話します。

みなさまも一度は、思ったことはございませんか?
世界遺産を見てみたいと。

代表的な場所にグランドキャニオンや
アンコール・ワット、マチュピチュなどがございます。

私が行きたいと思っていたのは、
ずばりナイアガラの滝。

世界三大瀑布のひとつでもあり、
一度はこの目で見たいと思っておりました。

という訳で、
ナイアガラを目指し、いざトロントへ!


トロントに到着して、
まず目に入ったのが巨大なタワー。

CNタワーという553mもの高さを誇る、
トロントのランドマーク的存在の
観光用タワーだそうです。

下から見上げてすごいなーと思いつつも、
時間がないので登るのは断念いたしました。

「巨大なものへの憧れは滝で満たす!」

そんな決意を胸に、
バスに揺られること約2時間。
ナイアガラに到着しました。

バスを降りて徒歩15分ほどでしょうか。

「ドドドドドドドドドドドドッ!!!」

っと地鳴りのような響きが聞こえてきて、
近づくにつれ、音も期待も大きくなります。

そしてついに眼前に、ナイアガラの景色が!


期待値が高すぎたのか、
なんか思ったよりも規模が...。

と思いつつも気を取り直して、遊覧船に乗ったり
写真を撮ったりしてナイアガラの滝を楽しみました。

それから、のんびり食事を済ませ、
周辺をブラブラと散歩しておりました。

日も暮れてきて帰る時間も近づいてきたのですが
最後だしもう一度見てみるかと思い、
再び滝のほうへ。

するとなんということでしょう、



滝がライトアップされているではありませんか!

辺りには轟音が鳴り響き、
大量の水しぶきが上がるなか、
ブルーにライトアップされた滝がなんとも幻想的で。

驚くほどきれいな景色を目にし、
本当に来てよかったと思える瞬間でした。

初めての海外旅行でしたが、
もう次はどこに行こうかなと考えております。

そして今後こそは、
憧れの世界遺産に行ってみたいと思います。


????


そうなんです。

実は言うとナイアガラの滝は
世界遺産に登録されていないのです。

世界三大瀑布の残りふたつ、
イグアスの滝(アルゼンチン・ブラジル)
ヴィクトリアの滝(ジンバブエ・ザンビア)は
登録されているというのに。

行く前に調べている途中で発覚したのですが、
もう脳内がナイアガラになっていたので、
世界遺産クラスであるとして向かったのでした。

世界遺産を巡る旅は、
また今度お伝えできればと思っております。