栗原のブログ

おうちが森になる

2019.09.20

皆さん、はじめまして。

暑さも和らぎ過ごしやすい日が増えましたね。

 

ですが、突然強い雨が降り出したりと、天候が不安定になりがち

そういう時期には、読書やDVD鑑賞、部屋の片付けなど、家の中で1日を過ごすことが多くなりますよね。

 

そんなときに大事にしたいのは、「居心地のよさ」。

私は家にいるのが好きなので、いろいろな物を暮らしに取り入れたりして、心地よく過ごすための工夫をしています。

 

今回は、そんな私の1番のお気に入り『AOMORI HIBA WOOD』というウッドチップをご紹介します。

 

このウッドチップに使われている「青森ヒバ」とは、青森県を代表する針葉樹で、木曽ヒノキや秋田スギとともに「日本三大美林」に数えられているそう。

 

私も調べるまで全然知りませんでした()

 

 

小さな木のチップを袋に入れて壁に掛けるだけで、お部屋にいながらも自然の香りを楽しむことができるんです。

香り以外にも、リラックス効果や消臭効果もあるんだとか。

 

防虫効果や抗菌効果もあるため、昔から建築用の資材としても用いられ、出雲大社などの重要文化財にも使われているそうなんです。

 

香りを楽しむだけでなく、下駄箱の中やクローゼットの中に置くのもおすすめです!

 

AOMORI HIBA WOOD』の原材料には、廃材や端材などを使用しているそう。

自然を大切にし、素材を余すことなく使うエコなところが、個人的に大好きです!

 

「ものを大切に使い続ける」という、「日本らしさ」を勝手に感じています()

 

また、季節によって違った香りを楽しむことができるのもポイント。

 

夏場はさわやかな香りで、まるで森の中にいるような気分に

何だか暑さが和らぐような感じがします。

 

冬場には、木そのものの温かみを感じられる落ち着いた香りに変化します。                                                 

 

 

今までは、夏と冬で違う香りのアロマなどを使っていましたが、

ヒバのチップを掛け始めてから、季節によって変化する香りにすごく驚き、感動しました。

 

何よりも掃除を終えた後、窓を開けて風が部屋を通るとき。

部屋中にヒバの香りが広がり、心地いい気分になります。 

季節によっていろいろな香りを楽しめるウッドチップ。

気になる方はぜひ調べてみてください!

 

心地いい暮らしの工夫を、皆さんも探してみてくださいね。