藤重のブログ

表情

2018.12.28

動物の写真を撮るのが好きです。
 
と、唐突ですが、それは私の似顔絵を書いてもらうと
なぜか「ゴリラ」に似てしまい、勝手に親近感を覚えているからではありません。
 
 
 
写真を撮ることで、なんだか動物たちの素の表情を楽しめる気がしていて。
生き生きとした、彼ら彼女らの「生命力」のようなものに惹かれるからです。
 
何を考えているんだろう。
何をしようとしているんだろう。
彼ら彼女らの表情を見ると、ふと思います。
 
 
 
喜んでいるのだろうか。悲しんでいるのだろうか。きっとそこに正解はないのですが、
動物たちの表情を眺めながら、そんなことを考えるのが好きなんです。
 
普段は動物園めぐりですが、今回は奈良公園へ。
 
 
 
いたるところに、たくさんの鹿が。
すぐさまファインダー越しに表情を伺います。
 
 
 
 
久々に足を運びましたが、やっぱりここは、他の場所とは違う空気や時間が流れているように感じます。
自由気ままに歩き、寝て、食べて、まるで会釈しているように見える鹿たちが、公園をそんな特別な空間にしてくれているようにも感じられます。
 
それぞれの鹿に、さまざまなストーリーがあるように感じられるステキな場所でした。
 
次に出会う動物たちはどんな表情を見せてくれるのか。
楽しみにしながら、またカメラを携えて動物園やいろんなところをめぐろうと思います。