青山のブログ

癖のようなもので

2020.01.10

ふらりと出かけた先で、ひそかに楽しみにしていることがあります。
それは、ちょっと珍しい文房具や本、お皿との出会い。
 
これらに共通するのは、お店ごとで特長がはっきり分かれるところでしょうか。
 
お店の趣味や土地柄が品揃えにあらわれ、
見たこともないような掘り出し物を見つけては、ひとり興奮しています(笑)。
 
ちなみに薬局などでも、棚の隅から隅まで商品を眺めていくのが好きです。
消費者心理を刺激されてしまいます。
 
前回は料理の話をチラッとしたのですが、お皿を集めるのも趣味なんです。
 
私が持っているお皿だと、古くて1900~1910年代くらいのものからあるのですが、
その中でもお気に入りなのはこちら。

 
フランスの郵便局の開局祝いのお皿だそうです。
2、3年ほど前に蚤の市で手に入れてからずっと気に入っています。
花柄のデザインが上品でありながらかわいらしく、とても100年以上前の物とは思えません。

 
それから次に紹介したいのはこちらの小皿。
サイズは直径5cmほどで、手描きの梅の柄がとてもかわいいんです。
 
お店の方の話によると、明治時代に作られたらしく
骨董屋さんの棚の中でちょこんと並んでいたのが愛らしくて、思わず買ってしまいました。
 
は~かわいい。
休日、何もすることがなくなると集めてきたお皿を並べて眺めます。
それだけで達成感を味わえるので(笑)。
 
文房具や本にしても、同じようなことをしては、ひとり悦にひたっています(笑)。
 
時代や国を超えて、今も残っているアンティークな物を集めていると、
まるで「世界平和に貢献しているな」「自分偉いな」という気分になります。(勝手ですが)
 
気に入った物はとにかく集める。それを部屋いっぱいに広げて満足する。
そういう癖があるよという話でした。

オーブン料理の魅力

2019.08.09

このブログで、何について書こうかなとずっと悩んでいたのですが

初めてなので、自分の趣味について紹介できたらと思います。

 

とはいっても趣味って何だろうと考えてみると難しいものですね。

 

ふと何気なく、自分の携帯に保存してある画像を見ていたら分かりました。

 

それはオーブン料理です。

 

 

グラタンに鶏の丸焼き、パン、ケーキ

美味しい料理は、何でもオーブンを使っているような気さえしています()

 

 

 

私はたぶん、膨らんだり、形が変わっていったり、焼き目が付いていくのを見守る時間が大好きなのだと思います。

 

意外に思われる方もいるかもしれませんが、大抵のオーブン料理は実は簡単に作れるんです。

 

グラタンなら好きな具材にホワイトソースとチーズを載せて、200度で1520分くらい焼けばいいだけですし。

 

アボガドを切り、チーズを載せて焼いて、しょうゆ漬けの卵黄をソース代わりにしたレシピは、お手軽ですがとても美味しいです。

 

鶏の丸焼きはまぁ大変ですが、その分、丸鶏を買ってくる楽しさがあったりしていいものです。

残った骨は砕いてから、オーブンで焼き鶏ガラにして、ラーメンを作ったりすることもできるので二度美味しい!

骨は最高のエンタメ食材です。

 

 

パンやケーキは分量が命ですが、慣れてくると「何となくこのくらいかな?」と、

目分量でも作れるようになってきます。そこからがまた奥深い。

 

毎年クリスマスや誕生日など、「この時期にはこのケーキを焼こう」みたいなイベントがあると、そこへ向けた準備も楽しくなりますよね。

 

 

私は普段から、好きなフルーツをラム酒漬けにしているので、

小麦粉と油と卵と砂糖さえあれば、「なんちゃってケーキ」が作れてしまうのです!

 

暇な休日は、こんな感じでケーキを焼いたりして過ごしています。

 

そんな「なんちゃってケーキ」も、お酒をたっぷり染み込ませて、一晩置いておくだけで絶品に!

お酒もケーキに入っていると、なぜか罪悪感がなくなるような気がしています()

 

他にもダークチョコレートを溶かして生地に混ぜ、お好きなお酒を染み込ませるのもおすすめ。

リキュールのスパイシーさや、鼻に抜ける香りが、チョコレートの苦みやコクにマッチして、深みのある大人の味わいに。

 

 

 

パンも最初は、生地を発酵させたり、膨らませたりするのが大変ですが

色々なアレンジに挑戦でき、飽きずに楽しめるのも、手作りならではの魅力だったりします。

 

趣味って何だろうと難しく考えていたのですが、何だかんだでオーブンについて熱く語ってしまいました()

 

ぜひ皆さんも、時間のある休日にはパンやケーキ、グラタンなどのオーブン料理を作ってみてはいかがでしょうか?