unico 丸の内 新海のブログ

憧れの街

2018.02.16

はじめまして。
オレunico初投稿の新海です。

僕には昔から夢描いていた憧れの場所があります。
その場所とは、何を隠そう「ヨーロッパ」。
案外普通ですいません...。

芸術、音楽、食事、ファッション。
どんなおしゃれな言葉で褒めたたえても
しっくりと当てはまる場所。

今回は、ついに訪れることができたヨーロッパ、
パリ旅行についてお話したいと思います。

ホテル、レストラン、街並み。
なにもかもがおしゃれな雰囲気に包まれていました。
外を少し歩くたびに、思わず
「おしゃれ!」。

何度その言葉を口にしたことか。

そして、一番の驚きは
街を歩けば、行き交う人が「こんにちは」と
日本語であいさつをしてくれること。

「あれ、ここパリだよな?」って
不思議に思うほど聞いたと思います。

気さくにあいさつをしてくれる心意気もおしゃれですし、
なんだか日本人として誇らしく、感激してしまいました。

ここからは、私が見つけた
パリのおしゃれな風景をご紹介(定番も含む)。



とあるレストラン。いやもう、おしゃれ。



出てきたデザート。雰囲気からしておしゃれ。



駅前にメリーゴーランド。はぁー、おしゃれ。
ため息でました。



ルーブル美術館。いや~、空が曇っていてもおしゃれ。
さすがです。



ノートルダム大聖堂。
手間のかかりようが、もうそれはそれはおしゃれで。
世界遺産も納得です。



でた、凱旋門。
エッフェル塔も写り込んだりして
まさに、おしゃれ。



泊まったホテルの窓辺。
いや、こんな窓枠にこんな椅子置きますか、
と言わんばかりの、おしゃれ具合。

ほら、ここでも何回おしゃれって言ったことか。
でも考えてみると、日本も負けてないおしゃれがいっぱいで。

作られるものすべてにこだわりを感じる
丁寧さや緻密さもおしゃれだなって思います。

そういった面ではunicoにも
おしゃれポイントがたくさんありますので
ぜひお店でおしゃれについて熱く語らせてください。

次回のアムステルダム旅行記でも
おしゃれレポートいたします。
乞うご期待!