unico 札幌 長屋のブログ

だれかの為に

2021.02.26

小学校の時に配られた赤い羽根
皆さんも記憶があるのではないでしょうか。
募金や寄付をすることによってもらえるアレです。
 
僕は募金箱があればお金を入れてしまう習性がありまして、
募金することは日常の行動のひとつになっています。
 
というのも、東日本大震災の時に現地や被災した方に関わった経験から
微力ではあっても誰かの役にたつことができればと思ったのがきっかけです。
 
ここ2~3年は車で出かけた際に各地の社会福祉協議会に訪れて募金をするのが定番になっています。
 
今は募金をするとピンバッジがもらえて、今回あらためて並べてみたら
各地のご当地デザインのピンバッジがかなりの量になっていました。
 
 
最近はなかなか出歩くこともしづらい状況なので、
自分の住んでいる北海道以外の県に募金したりしています。

 
日本の寄付の総額はアメリカに比べると100分の1にも満たないらしく、
まだまだ募金が身近なものではなく特別なことになっているようです。
 
今現在コロナで大変な状況にある人たちが増えている中で、
時間や移動ができなくても応援できる手段って何かしらあるはずだと思っています。
 
些細な金額の募金でも、お礼の手紙が届くと自分まであたたかい気持ちになれます。
 

 
寄付をして気持ちも豊かになれるなら、こんないいことはないですよね!