「教える」という立場ではありますが、
こちらが「教わる」ことの方がずっと大きいと心から感じます。

管理本部・人材開発戦略チーム・教育担当
西村 2013年入社(中途採用)

ー業務内容について教えてください

主に店舗スタッフの研修を行っています。 まずは新人スタッフ研修。店頭に立つ上で必要なカリキュラムを8日間ほどかけて実施します。 スタッフが店舗に配属されてからも定期的にスキルアップの研修を行い、今の現場に求められる実践的なカリキュラムづくりに取り組んでいます。 その他にも、お客さまにunicoでのお買い物を楽しんでいただき、スタッフにやりがいを感じてもらえるよう、全店舗に向けた接客スキル向上のための動画配信などを行っています。今後は店舗での接客マスターの経験を生かし、より接客に特化した研修にも取り組んでいきたいです。

ー仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか。
  具体的なエピソードを交えながら教えてください。

スタッフとして働き始めた頃は、「自分が売上を取ること」に一番やりがいを感じていました。それが変わったのは、接客に悩んでいたスタッフに自分なりのアドバイスをしたとき。そのスタッフの売上がグンと伸びて、「接客って思っていたよりもすごく楽しい!」という言葉をもらいました。自分が売上を取ることに一生懸命だった頃とは、比べものにならないほど、よろこびを感じたことを覚えています。ミサワの教育担当は、そんな瞬間に何度も出会える仕事だと思っています。「教える」という立場ではありますが、こちらが「教わる」ことの方がずっと大きいと心から感じます。

ーあなたにとって、入社後一番の“チャレンジ”を教えてください。

社内・社外のRP(ロールプレイング)コンテストへの参加、接客マスターへの挑戦、地方店から関東店への異動、大好きな販売員という仕事から離れ、本部で「教育担当」になる決断をしたこと…改めて振り返ると入社から、今に至るまでたくさんの節目がありました。そしてそのすべてが、大きなチャレンジだったと思います。ミサワには声を上げれば、色々なことに挑戦できる環境があります。そして、そんなチャレンジを自分のことのようにサポートしてくれる仲間がいます。販売の経験すら無かった私ですが、そんな環境だったからこそ、挑戦を続けることができました。

ーオフの過ごし方について教えてください。

美味しいごはん屋さんで、明るいうちからお酒をたしなむ至福の時間を過ごしています。ミサワは社員同士が本当に仲良し。店舗で当時一緒に働いていたスタッフや、毎日顔を合わせる本部の社員とも、休みの日に会うことがとても多いです。 4年ほど前に関東に異動してきたときは、知り合いもほとんどいなかったのですが、そんな職場なのでさびしいと感じたことは1度もありませんでした。 店舗のスタッフが働くお店の近くで会うことが多いので、関東の美味しいごはん屋さんにはとても詳しくなってきたと思います(笑)。

ーミサワを志望している方へ、メッセージをお願いします。

販売員の頃から、「接客が好き」「スタッフのみんなにも、接客の楽しさを感じてほしい」という思いで毎日を駆け抜けてきました。教育担当へと働く場所は変わりましたが、何かに全力で向き合っていれば、その経験は必ず実を結ぶのだと実感しました。そして何よりも、その努力を「見てくれている人」がいること。こんなにも心強いことはないですし、そんな人たちがたくさんいるミサワに入って、本当に良かったと思っています。 ここでなら、皆さんも自分の「好き」を、きっと見つけられるはずですよ。