pankuzu

  • ホーム
  • スタッフの家具の選び方

Staff's Room スタッフの家具の選び方

スタッフの家具の選び方画像01
広々とした天板で、どんな作業もゆったりと。
スタッフの家具の選び方画像02
お気に入りの革小物。いつもここで手入れをしています。
HOXTON ダイニングテーブル
を選んだ理由
stock 藤重
unico stock
藤重

私の定位置

結婚を機に二人暮らしがスタート。家具を選ぶ中で二人の意見が一致したのが、HOXTONのダイニングテーブルでした。つい、たくさんのモノを置きたくなってしまうので、家具はシンプルにしたいと考えたからです。

脚部の重厚感のあるアイアンや、天板の木目の切り替えなど、ディテールまでオリジナリティを感じるデザイン。異素材をミックスし、シンプルでありながら存在感のあるスタイルは、私たちの希望にぴったりマッチしていたのでした。

今では本を読むのも、PCをいじるのも、趣味の革の手入れも、この場所で。妻と共通の友人を招くことも多く、みんなでテーブルを囲んでは、時間を忘れて談笑しています。

unico stock 藤重のオススメ家具はこちら!

HOXTON(ホクストン) ダイニングテーブル W1400 ウォールナット
HOXTON(ホクストン) ダイニングテーブル
W1400 ウォールナット
詳しく見る

その他の掲載アイテムはこちら!

HOXTON(ホクストン) ベンチ バックレスト ウォールナット
HOXTON(ホクストン) ベンチ バックレスト ウォールナット
詳しく見る
WYTHE(ワイス) シェルフボード W1200
WYTHE(ワイス) シェルフボード W1200
詳しく見る
スタッフの家具の選び方画像01
ラフな雰囲気のある、くしゃっとしたレザーの風合いがかっこいいですね。
スタッフの家具の選び方画像02
コンパクトなスタイルですが、座面が広くアームが無いのでゆったりとくつろげます。
HOXTON レザーソファ
を選んだ理由
本社スタッフ 名取
本社スタッフ
名取

明日が楽しみになるソファ

レザーソファに買い替えたい!と思いはじめて早一年。ヴィンテージな雰囲気も好きですが、そこにコンテンポラリーな要素を取り入れたリビングを作りたくて…。いろいろと検討しましたが、引越しを機にHOXTONのレザーソファに決めました。レザーに合わせた細身のアイアンや、アームレスのすっきりとしたデザインが気に入っています。天然素材のGRIDIAカーテンとの相性も良いですね。

包み込まれるような座り心地を楽しみながら、奥行きのある座面に体を預けて映画を観たり、雑誌を読んだり。このソファにいる時が、いま一番リラックスできる時間かもしれません。

上質なフルグレインレザーは、時間とともに深まる味わいも魅力のひとつです。これから、どんな表情を見せてくれるだろう。使い込めば使い込むほど変化するレザーの風合いを楽しみながら、このリビングで日々を送っています。

本社スタッフ 名取のオススメ家具はこちら!

HOXTON(ホクストン) レザーソファ 3シーター ブラウン
HOXTON(ホクストン) レザーソファ
3シーター ブラウン
詳しく見る

その他の掲載アイテムはこちら!

GRIDIA(グリディア) カーテン
GRIDIA(グリディア) カーテン
詳しく見る
スタッフの家具の選び方画像01
ラフな雰囲気のあるアイアンの脚は、床の色味と相性抜群です。
スタッフの家具の選び方画像02
このAVボードを置くだけで、お部屋がぐっと引き締まります。
HOXTON AVボード
を選んだ理由
立川店 橋本
高松店
久保

リビングに迎えた、暮らしの主役

引越してリビングが広くなったので、テレビも大きなものに買い替えることにしました。そうと決まると、次はテレビ台もほしくなって。テレビに負けない存在感のあるものを、と考えて選んだのが、HOXTONのAVボードでした。

42インチのテレビを置いてもバランスの良い、横幅160cmのワイドサイズ。天板に雑貨やフレームなどの小物をディスプレイして、その時の気分でアレンジする楽しみもできました。温かみのあるウォールナット材の雰囲気もお気に入り。きれいな木目がグリーンを引き立ててくれます。木にアイアンをミックスした、インダストリアルなテイストもかっこいいですね。

リビングでDVDを観ながら、ごろごろと過ごすのが最近の日課。このAVボードが来てからは、なんだかごろごろしてる時間が長くなったように感じるのは気のせいでしょうか…? インドアな我が家の休日が、ますます充実していきそうです。

高松店 久保のオススメ家具はこちら!

HOXTON(ホクストン) AVボード W1600 ウォールナット
HOXTON(ホクストン) AVボード
W1600 ウォールナット
詳しく見る
スタッフの家具の選び方画像01
オーク材の木目と色合いが、和室の雰囲気を引き立てています。
スタッフの家具の選び方画像02
天板を引き出してスツールを合わせれば、ちょっとしたもの書きのスペースに。
KURT シェルフ
を選んだ理由
立川店 橋本
立川店
橋本

僕だけの小さな図書館

休日の楽しみのひとつ、読書にふけること。日々のあわただしさを忘れることができる、とても大切な時間です。読みたい本なら数え切れないほどあって、ちょっとずつ集めていたら本棚におさまりきらなくなっていました。

そこで新しい本棚として迎えたのが、KURTのシェルフ。この家具を選んだ理由は2つあります。1つめは、たくさんの文庫本が入ること。2つめは、和室の雰囲気に合うということ。KURTの北欧ヴィンテージスタイルは、実は日本の和のテイストにもしっくりくるんです。 棚板の高さを調節すれば、大判の本もすっきり収納。使いやすい機能的なデザインもポイントですね。

まるで好きな本だけがならぶ、僕だけの小さな図書館ができた気分。背表紙を眺めては、本の世界に引き込まれています。次の休みは、どの本を読もうかな。

立川店 橋本のオススメ家具はこちら!

KURT(クルト) シェルフ ブラウン
KURT(クルト) シェルフ ブラウン
詳しく見る
スタッフの家具の選び方画像01
両サイドの板がないオープンなスタイル。作りつけの棚のような雰囲気も魅力です。
スタッフの家具の選び方画像02
たくさんそろえた調味料たちも、ディスプレイを楽しみながらすっきりしまって。
WYTHE キッチンボード L
を選んだ理由
北千住店 大鐘
北千住店
大鐘

おいしい暮らしのパートナー

ライトブルーの壁に、赤のキッチン…そんな個性の強い部屋を借りて早2年。この部屋にぴったりのキッチン収納をずっと探していました。「絶対に木製家具にしたい!」と考えていたものの、ちょっとモダンな印象もほしいし、かわいくなりすぎてもなんだか違う…と悩んでいた時に出会ったのが、WYTHEのキッチンボードでした。

アルダー材の温かみやオイル仕上げによる木肌のぬくもり、それでいて重さを感じないシンプルでカジュアルなデザイン。ブラックのスチール棚が全体を引き締め、すっきりとした印象を与えてくれます。そして何より、たっぷりの物がしまえる収納力が魅力です。

WYTHEがこの部屋に来てからは、ホームパーティーや誕生日会などで友人を呼ぶ時に、いつもよりテキパキお料理ができた気がするから不思議です。大切な人のおもてなしや、毎日の料理の時間を、おいしい時間にしてくれる。心強いパートナーができました。

北千住店 大鐘のオススメ家具はこちら!

WYTHE キッチンボード
WYTHE(ワイス) キッチンボード L
詳しく見る
バックナンバー一覧を見る