pankuzu

  • ホーム
  • スタッフの家具の選び方

Staff's Room スタッフの家具の選び方

スタッフの家具の選び方画像01
来客時はVOLTAのスツールを合わせて、みんなでテーブルを囲みます。
スタッフの家具の選び方画像02
L字の角にならんで座る距離感が心地よく、会話も弾みます。
FUNEAT ダイニングテーブル
を選んだ理由
unico 山岡
大宮店
高野

ダイニングとソファをひとつに

2人暮らしをきっかけに、ダイニングセットを探していた私たち。とはいえ、あまり広い部屋ではないので、ソファとダイニングセットの両方を置くことはできないと思ったんです。そこで候補にあがったのがリビングダイニング。中でもこのFUNEATは、背もたれが低めで圧迫感がなく、少しでも空間を広く見せたい我が家にぴったりのデザインでした。

座面はほどよいやわらかさで、奥行きもあり、食事の後はそのままソファに寄りかかってくつろげます。L字の配置とカバーの色は、3Dシミュレーターを使って決めたので、イメージ通りの仕上がりでした。

また、取り外しが可能なカバーリングタイプで、食べ物をこぼして汚れてしまってもクリーニングでき、安心して使えます。今後は色違いの替えカバーを購入して、お部屋の印象を変えたり、模様替えを楽しむ予定です。

大宮店 高野のオススメ家具はこちら!

FUNEAT(ファニート) ダイニングテーブル
FUNEAT(ファニート) ダイニングテーブル
詳しく見る

その他の掲載アイテムはこちら!

FUNEAT(ファニート) ベンチ バックレスト
FUNEAT(ファニート) ベンチ バックレスト
詳しく見る
FUNEAT(ファニート) ベンチ アーム
FUNEAT(ファニート) ベンチ アーム
詳しく見る
VOLTA(ボルタ) スツール
VOLTA(ボルタ) スツール
詳しく見る
スタッフの家具の選び方画像01
コンパクトなサイズ感で、すっきりとした印象に。お部屋に圧迫感を与えません。
スタッフの家具の選び方画像02
天板の凸部にS字フックを掛けて、ハンギングにしたり、掃除道具を吊るしたり。
ALBERO カップボード
を選んだ理由
unico 山岡
本社スタッフ
山岡

“見せる”も“隠す”も、この1台で

食器などをしまうのはもちろん、本棚としても活躍してくれる、便利なALBEROカップボード。我が家では引越しを機に、集めている物のディスプレイスペースとして使うことにしました。

棚には旅先で購入した雑貨や、好きな写真集などを飾って。どこか懐かしいガラス戸や、丸くくりぬかれた取っ手もお気に入りです。北欧のアンティーク家具のような佇まいや、ナチュラルな木の風合いがお部屋にやさしく馴染んでいます。 女性でも天板にらくらく手が届くほどよい高さも、実は大切なポイント。グリーンの水やりや拭き掃除もスムーズです。

そして、引き出しや引き戸など、収納スペースもたっぷり。よく使う物、来客時にはしまっておきたい物、たまに手に取って眺めたい物など、リビング収納としても活躍してくれます。アイデアしだいでいろいろな使い方ができるから、模様替えやお部屋のアレンジが楽しみになりました。

本社スタッフ 山岡のオススメ家具はこちら!

CLARUS(クラルス) カバーリングソファ 3シーター
ALBERO(アルベロ) カップボード
詳しく見る

その他の掲載アイテムはこちら!

LUMBER(ランバー) スモールシェルフ
LUMBER(ランバー) スモールシェルフ
詳しく見る
FIX(フィックス) ダイニングチェア ナチュラル脚 ファブリック
FIX(フィックス) ダイニングチェア ブラウン脚 ファブリック
詳しく見る
FIX(フィックス) ダイニングチェア ナチュラル脚 PUレザー
FIX(フィックス) ダイニングチェア ブラウン脚 PUレザー
詳しく見る
スタッフの家具の選び方画像01
ナチュラルなコットン素材のカバーはクリーニングでき、お手入れも簡単です。
スタッフの家具の選び方画像02
カバーの裾がプリーツになった、少しレトロなデザインも気に入っています。
CLARUS カバーリングソファ
3シーター
を選んだ理由
unico stock 藤重
本社スタッフ
黒森

お部屋が明るくなるソファ

飽きずに使えて実用的なアンティークが好きで、必要な物が必要なぶんだけあればいい、と普段から考えている私。このソファと出会ったのは引っ越してまだ間もない頃で、当時は家具をほとんど持っていませんでした。

お部屋の中にゆっくりくつろげる場所を作りたい、そう思って選んだのがこのCLARUSソファ。いくつか座り比べてみましたが、このソファが一番自分の好みに近い、やわらかな座り心地だと感じたからです。やさしいアイボリーカラーは持っているインテリアとの相性もよく、ソファを置いた時のイメージが浮かんだことも決め手になりました。

読書をしたり、ときどき横になったり。居心地がよくて、今では気がつくとソファのあるリビングにいる感じ。ソファが光を反射して、明るくやさしい雰囲気のお部屋になりました。

本社スタッフ 黒森のオススメ家具はこちら!

CLARUS(クラルス) カバーリングソファ 3シーター
CLARUS(クラルス) カバーリングソファ 3シーター
詳しく見る
スタッフの家具の選び方画像01
高めの脚がすっきりした印象で、6畳の部屋にレイアウトしても圧迫感を感じません。
スタッフの家具の選び方画像02
クッションに出てきたシワ。これからどう変化していくのかが楽しみです。
MOLN レザーソファ 3シーター
を選んだ理由
unico stock 藤重
unico stock
藤重

暮らしの一部になるソファ

ソファ選びには、2つのルールを決めている私。 1つめは「居心地がよく、横になれる」こと。映画を観たり、読書をしたりするのが好きな私にとって、ここはゆずれません。2つめは「長くつきあえて、自分だけの経年変化を楽しめる」こと。この2つをカバーしてくれたのが、MOLNのレザーソファでした。

低めにデザインされたアームは横になってもきゅうくつ感がなく、フェザーの入ったふわふわのクッションは、包み込まれるような座り心地。体を預けて、ゆったりとくつろげます。牛革の表皮に近い「銀付き革」を使ったレザーは、しなやかで耐久性抜群。使い込むほどシワの出方も変化し、味わいを深めていきます。

レザーに触れ、次はいつメンテナンスしようか考えながら、いつの間にかソファで寝てしまう。今ではそれが日課になりました。MOLNはもう、私の暮らしの一部です。

unico stock 藤重のオススメ家具はこちら!

MOLN(モルン) レザーソファ 3シーター
MOLN(モルン) レザーソファ 3シーター
詳しく見る
スタッフの家具の選び方画像01
体をしっかり支えてくれるハイバックのベンチは奥行きも十分。友人にも好評です。
スタッフの家具の選び方画像02
木のぬくもりを感じるオイル仕上げ。専用キットを使うことでさらに豊かな風合いに。
WYTHE ダイニングテーブル
を選んだ理由
横浜店 米田
横浜店
米田

友人を呼びたくなるダイニング

二人暮らしをきっかけに、ダイニングセットとソファを探していた私たち。でも、両方置くのはスペース的に難しくて…。そんな時に出会ったのが、WYTHEシリーズのダイニング。食事の後もそのままソファのようにくつろげる、ハイバックのベンチスタイルが決め手でした。

PUレザーは汚れても拭き掃除ができるので、ずぼらな私にぴったり。アメリカのカフェをイメージしたデザインや、温かみのあるアルダー材もお気に入りです。 二人分の食器をしまう収納として、WYTHEのキッチンカウンターも購入しました。全部入れてもスペースにはまだ余裕があり、収納力は抜群。天板とスライド棚は耐久性の高いメラミン素材で、家電との相性もばっちりです。

休日にはテーブルを囲んで、にぎやかに過ごしたり。友人を家に招くことも増えた気がします。このダイニングで、次は何をしようかな。あれこれイメージしながら、ベンチでゆっくり過ごす日々です。

横浜店 米田のオススメ家具はこちら!

WYTHE(ワイス) ダイニングテーブル
WYTHE(ワイス) ダイニングテーブル
詳しく見る

その他の掲載アイテムはこちら!

WYTHE(ワイス) ベンチ アーム
WYTHE(ワイス) ベンチ アーム
詳しく見る
WYTHE(ワイス) ベンチ バックレスト
WYTHE(ワイス) ベンチ バックレスト
詳しく見る
WYTHE(ワイス) チェア
WYTHE(ワイス) チェア
詳しく見る
WYTHE(ワイス) キッチンカウンター オープン W1200
WYTHE(ワイス) キッチンカウンター オープン W1200
詳しく見る
スタッフの家具の選び方画像01
便利なスライド棚は、毎日使うコーヒーメーカーの定位置。
スタッフの家具の選び方画像02
グラスやお皿、大きな鍋まで。ちょっとびっくるするくらい、たくさんの物が入ります。
STRADA キッチンボード
を選んだ理由
札幌 立花
札幌店
立花

キッチンがもっと好きになる

家電好きの主人と、食器好きの私。結婚を機にさらに物が増え、キッチン収納を探していた時に出会ったのがSTRADAのキッチンボードでした。

たくさんの物が収納できるのはもちろん、お気に入りの食器をガラス戸棚へしまって、見せながら飾れるのがうれしいですね。ステンレス素材はお手入れがしやすく、木と合わせることでどこか都会的なかっこよさを感じます。生活感が出がちなキッチンまわりも、木のぬくもりが加わることで居心地のいい空間になりました。

見た目も使いやすさも、どちらも妥協したくなかった私たちにとって、まさに理想のキッチンボード。次はここへ何を飾ろうか、そう考えるとなんだかワクワクしてきます。キッチンで過ごす時間が、またひとつ楽しくなりそうです。

札幌店 立花のオススメ家具はこちら!

STRADA(ストラーダ) キッチンボード オープン W1200
STRADA(ストラーダ) キッチンボード オープン W1200
詳しく見る
スタッフの家具の選び方画像01
ルパンのお気に入りの場所は、このソファ上かハウスの中。
スタッフの家具の選び方画像02
どっしりとした安定感と、高さも幅もしっかりあるアームがポイントです。
DEP レザーソファ
を選んだ理由
本社スタッフ 桜庭
本社スタッフ
桜庭

犬にも人にもやさしいソファ

引越しを機に、1人掛けからの買い足しで大きめのソファを探していました。その時頭に浮かんだのは、愛犬のルパンのこと。レザーソファだと革に傷を付けないか心配だし、ファブリックソファだと抜け毛がくっついて掃除が大変だし…。かなり悩んだのですが、ルパンも9歳になりいたずらも減ってきたため、思い切ってDEPのレザーソファに決めました。

この選択は大正解。本革ならちょっとしたひっかき傷も味になり、毛やホコリは掃除機でさっと吸い取るだけ。日々のお手入れも簡単です。使い込むほど体に馴染んでいくのがうれしくて、数ヶ月に1度の革の手入れも苦ではなく、むしろ楽しみになりました。

広々とした座面とボックスタイプのデザインは、身長180cmを超える夫も大満足。ごろんと横になっては、背もたれと一体になったアームに足を掛けてのびのびくつろいでいます。犬も人も喜ぶ、家族のお気に入りの場所ができました。

本社スタッフ 桜庭のオススメ家具はこちら!

DEP(デップ) レザーソファ
DEP(デップ) レザーソファ
詳しく見る
スタッフの家具の選び方画像01
無垢材をそのまま生かした木肌は時間とともに色づき、私だけの一点物に。
スタッフの家具の選び方画像02
抜け感のあるデザインで圧迫感がなく、お部屋を広く見せてくれます。
BREATH AVローボード
を選んだ理由
広島 高橋
広島店
高橋

この先もずっと

あれも置きたい、これも置きたい。ずっと思い描いてきた憧れの一人暮らしでしたが、実際に住むことになったのはコンパクトなワンルーム。収納もそれほど多くありません。限られたスペースを生かしながら、存在感のある家具がほしいと考えて選んだのが、BREATHのAVボードでした。

こまごまとした物をすっきり収納しながら、無垢材のぬくもりがTVまわりをやさしい雰囲気にしてくれる。使い始めてまだ2年目ですが、経年で深まっていく木肌の味わいも魅力です。

違うお部屋に引っ越した今でも、このAVボードはやっぱり空間の主役。ラグに寝そべって映画を観たり、ソファでのんびり本を読んだり。気がつくと、いつもここで過ごしている気がするほどです。この先もずっと、一緒に歳を重ねていきたい。そんな家具と出会えたことが、何よりもうれしいですね。

広島店 高橋のオススメ家具はこちら!

BREATH(ブレス) AVローボード W1085
BREATH(ブレス) AVローボード W1085
詳しく見る

その他の掲載アイテムはこちら!

LUMBER-mini(ランバーミニ) シェルフ W400
BREATH(ブレス) ミラー L
詳しく見る
バックナンバー一覧を見る