pankuzu

カーテン出張採寸・取付サービス

カーテンのオーダーには採寸が重要です。
以下の手順に沿ってお部屋にぴったりなカーテンサイズを算出しましょう。

カーテンサイズを図る際のご注意
※カーテンレールがついていないと採寸はできません。必ずカーテンがついている状態で採寸をしてください。
※現在使っているカーテンサイズを測るのではなく、必ずカーテンレールを基に採寸をしてください。

1.幅を測る

カーテンレールを基準に幅を測ります。まずはレールタイプを確認しましょう。
※カーテンレールがついていないと採寸はできません。

  • 機能レール

    ランナーの端から端まで

    機能レールイメージ
  • 機能レール

    装飾キャップ部を除いたレールの付け根部から、反対側の同じ付け根まで

    機能レールイメージ
  • ※出窓の場合
    A + B + C = 幅の寸法

    機能レールイメージ

2.丈を測る

窓のタイプを確認して計測しましょう。

  • 機能レール

    ランナーから床まで

    機能レールイメージ
  • 機能レール

    ランナーから窓枠外側までと
    窓枠外側から床・家具まで

    機能レールイメージ
  • 機能レール

    ランナーから窓台まで

    機能レールイメージ
幅を測る
機能レール

ランナー(フックを引っかける穴)から測る

機能レールイメージ
機能レール

ランナー(フックを引っかける穴)から測る

機能レールイメージ

3.開き方を選ぶ

横幅の大きな窓は両開き、小さな窓には片開きがおすすめです。
※1.5倍ヒダ・2倍ヒダ⇒幅50〜100cmまで、ストレート⇒幅50〜140cmまでは、片開き1枚での縫製となります。両開きでの製作はできませんのでご注意ください。

機能レールイメージ

4.吊りタイプを選ぶ

レールのついている位置や形状によってカーテンの吊りタイプが異なります。

機能レールイメージ
機能レールイメージ
機能レールイメージ

・カーテン1枚の幅サイズが右記表サイズを超える場合、
右記写真のように生地をはぎ合わせて縫製します。
・生地のはぎ合わせにより、柄にズレが生じる場合があります。

はぎ合わせ1
1.5倍ヒダ 101cm
2倍ヒダ 76cm
ストレート
(天然素材のみ)
141cm
(131cm)

※以下商品ははぎ合わせができません。
RAYURE LACE、BOUND LINE LACE、SCHORS、PLATEAU LACE、GRIDIA LACE、SPUN VOIL、STRIPE VOIL

5.仕上がりサイズを算出する

測った幅、丈をもとに仕上がりサイズを計算します。
選んだプリーツや、お部屋の窓タイプによって、幅・丈の計算方法が異なります。

プリーツ
50〜300cm 301〜560cm
1.5倍ヒダ
2倍ヒダ
計測幅×1.05
(両開きの場合は偶数繰上げ)
計測幅+10
(両開きの場合は偶数繰上げ)
ストレート 計測幅×1.1
(両開きの場合は偶数繰上げ)
窓タイプ
掃き出し窓 ドレープ 計測丈−1cm
レース 計測丈−2cm
腰窓 ドレープ 計測丈+10〜15cm
レース 計測丈+9〜14cm
出窓 ドレープ 計測丈−1cm
レース 計測丈−2cm

例)2倍ヒダ・掃き出し窓・計測幅210cm・計測丈190cm・両開きオーダーの場合
幅サイズ:210×1.05=220.5cm 偶数で繰り上げし、222cm
丈サイズ:ドレープ⇒190−1=189cm レース⇒190−2=188cm

※両開きの場合、入力いただく幅の半分のカーテンが2枚出来上がります。
例)幅180cm⇒90cm×2枚
※1.5倍ヒダ・2倍ヒダ⇒幅50〜100cmまで、ストレート⇒幅50〜140cmまでは、片開き1枚での縫製となります。両開きでの製作はできませんのでご注意ください。