企業情報TOP > 社会活動 > 横浜市「よこはま・イツモ・プロジェクト」

企業情報

  • 会社概要
  • 経営理念
  • 社会活動
  • 事業内容
  • 沿革
  • スタッフ募集中

社会活動

横浜市 「よこはま・イツモ・プロジェクト」
児童養護アフターケア拠点
"よこはま Port for"の全面プロデュースを実施

このたび、株式会社ミサワ(東京都目黒区/代表取締役社長:三澤 太)は、児童養護施設 退所者の自立支援を行う、認定NPO法人ブリッジフォースマイル(東京都千代田区/理事長林恵子)が開所・運営する、児童養護施設等を退所した若者たちの居場所"よこはまPort for" の家具・雑貨を提供し、全面プロデュースいたしました。

"よこはまPort for" は、認定NPO法人ブリッジフォースマイルが横浜市より受託した事業"よこはま・イツモ・プロジェクト"の一環で運営されるスペースで、児童養護施設退所後、孤立しがちな若者たちが気軽に立ち寄れる場所です。仲間たちとおしゃべりやゲームをして過ごしたり、週末は食事を一緒に作って食べたり。その他イベントや勉強会、生活に必要な情報の収集、個別の相談も行います。「Port for」とは、時にはエネルギーを充電したり、時にはひと休みしたり、それぞれの明日に向かうための「港」になれることを願って名付けられました。

株式会社ミサワが2011年3月に取り組んだ、同じく認定NPO法人ブリッジフォースマイルが運営する退所者向けシェアハウスのインテリアプロデュースから半年。再び、インテリアショップunicoの店頭DPを手掛けるVMD(ヴィジュアルマーチャンダイザー)が、空間をコーディネートしています。目指したのは、利用者にとって居心地の良い場所でありながら、セミナーや勉強会、個別相談やオフィスとしての機能など、目的に応じて空間を自由に変更できること。 家具だけでなく、収納スペース、カーテン、雑貨まで、そこに立ち寄る人々の気持ちや過ごし方を第一に考え、すべてをコーディネートし、提供しています。

2012年10月18日にすべての家具が、横浜駅徒歩5分にある「よこはまPort for」に運び込まれ、10月22日〜24日の関係者内覧会、11月3日のオープニングパーティにて、施設退所者・関係者にお披露目されました。

よこはま Port for について

よこはま Port for 神奈川県横浜市西区高島2-5-5 ハイツ横浜203号
アクセス:JR線、東急線、京急線、相鉄線、みなとみらい線、市営地下鉄 「横浜駅」東口より徒歩5分
TEL:045-548-8011
FAX:045-548-8022

【利用について】
開所時間:火曜・水曜 14:00 〜 18:00
金曜・土曜・日曜 14:00 〜 20:00  *月曜・木曜定休
料金:入場無料 *利用内容によって費用がかかります。
対象者 :施設、里親、ファミリーホーム等の中学生・高校生 退所者
*利用には登録(無料)が必要となります。

2012年12月時点での内容となります。詳細はお電話またはFAXでお問い合わせください。

上へ